男の肥満率が上昇している

昨日、厚労省が、健康に影響が出やすいとされる「やせている」状態の若い女性を対象とした生活習慣などを把握する実態調査を行うことを発表したというニュースが流れた。確かに、女性に関しては全年代的に「やせ型」の割合は近年増えており、それに伴う健康への影響をふまえれば実態調査は必要だとは思う。しかし、一方で、男性側の「肥満型」の割合の増加も止まらないのも事実である。

厚労省では、BMI22を標準とし、25以上のものを肥満と定義している(但し、25以上がすべて医学的に減量を要する状態とは限らない)。

ご自分のBMIがいくつか不明な方は以下の式で計算してほしい。

BMI=[体重(kg)]÷[身長(m)の二乗]

その上で、2019年の厚労省「国民健康栄養調査」によれば、この肥満といわれるBMI25以上の割合は、20代男性で23%、30代でも29%、40~50代男性に至ってはほぼ4割に達している。

単年の数字だけを見てもピンと来ないかもしれないが、1980年からの長期推移を年代別にみると以下の通りである。

30-50代は1980年代から現在にかけて仲良く一塊りとなって上昇している。30代はまだ持ちこたえているものの、40-50代は1980年と比べるとほぼ倍増である。さらに、20代もかつては10%程度だったものが2015年から2017年にかけては26%台と大きく増えている。

しかし「男性のみなさん、健康のために食生活や運動に気を付けてダイエットに励みましょう」で終わってしまっては、独身研究家のコラムにならないので、この男性の肥満と未婚との関係について調べてみたいと思う。

未婚と肥満との相関

ご存じの通り、日本は1980年代まではほぼ全員が結婚する皆婚社会であった。生涯未婚率は1990年代に入り、男性が先行して上昇し始めた。

前出のグラフを再度ご覧いただきたいのだが、男性の肥満割合の上昇も1990年代からあがっている。国民健康栄養調査は未既婚別の統計を取っていないので、細かい分析はできないのだが、とはいえ20代に関していえば大部分が未婚である。

よって20代に限定して、長期の未婚率と肥満率との相関をみてみよう。

実に、相関係数が0.9563というほぼ最大値の1.0に近い強い正の相関となった。

20代男性の未婚が増えたのは、彼らの肥満が増えたことと完全にリンクしているのである。

勿論、だからといって、「20代男性が肥満になったから未婚が増えた」「肥満の若い男性が結婚できなくなった」などという因果までは断言できない。

しかし、男性の肥満と未婚の相関を考えるといろいろと思い当たる節もある。

独身男の食生活

そもそも独身男性は、消費支出に占める食費の割合であるエンゲル係数が高い、ざっくりいえば、消費支出の約30%を食費にあてる。既婚者が25%、独身女性が20%であることと比較しても突出して高い。

その最大の理由は、外食が多いからである。

写真:イメージマート

家計調査で見ても、独身男性の外食費は実に一家族の外食費の1.7倍くらいになる。割合ではなく実額である。つまり、一人で一家族の倍近い外食費を使っているわけである。いかに外食産業を支えているのが独身男性であることがわかるが、これは現代に限らずそもそもの日本の外食産業発祥の江戸時代において、その起爆剤となったのが江戸の独身男たちであったという話は以前こちらの記事に書いた(参照→「居酒屋」誕生秘話。江戸の独身男の無茶ぶりから始まった)。

外食自体が直接肥満に結び付くものではない。外食でもバランスのいい食事をすれば問題はない。しかし、世の独身男性たちは、多分、ラーメン、カレー、焼肉、とんかつ、唐揚げなどの糖質や脂質の多いメニューを好んで食べていそうである。そうした日々の食生活が結果として20代での肥満の増加につながっているのではないか。

美味しい食は何よりも勝る「快楽」

さらに、食はもっとも手っ取り早く快楽と幸せを感じられるものでもある。糖質を摂取すれば、それだけ瞬間的に満足感を脳が感じやすい。

独身男性は既婚者に比べても、女性に比べても幸福度が低いという統計もある(参照→なぜ男性は不幸なのか。なぜ40~50代は不幸なのか。なぜ未婚の中年男性は不幸なのか)。食によって、そうした不幸感を払拭しようと思ったとしても不思議ではない。

そもそも、日本人はセックスよりおいしい食事をするほうが快楽なのである(参照→日本人がセックスより気持ちいいと感じる「美味しいものを食べる」ことへの欲望)。

美味しい食を追求することは決して悪いことではない。しかし、こうして肥満の推移と照合し、未婚率の上昇ともあわせて見てしまうと、食の快楽だけで満足を得てしまうがゆえに、面倒な恋愛や結婚などへの興味を失ってしまっていくのではないか?という仮説も成り立つ。

だとすれば、少子化対策としての婚姻増は、AIによる婚活支援でもなく、ましてや内閣府の言う「壁ドンの練習」などでもなく、男性のダイエット支援という新たな搦手の視点が生まれてくる。

突き詰めるならば、50歳時点の生涯未婚者のうちの肥満割合が既婚男性と比べて多いのか少ないのかを調査すればその仮説の検証も可能かもしれない。機会があれば実施してみたい。

男児の肥満も増えている現実

しかし、実はそれ以上に気がかりなのが、10代の男児の肥満傾向児が増えていることである。

肥満傾向児とは、性別・年齢別・身長別標準体重から以下に式で求めた肥満度が20%以上の者を指す。

肥満度=(実測体重-身長別標準体重)/ 身長別標準体重 × 100(%)

これによれば、1980年と2020年とを比較した場合、6歳から10歳までの男児がすべて2倍以上に増えており(最大は7歳の2.5倍)、11歳から14歳のすべて1.7倍以上である。女児もあがっているが男児ほどではない。

写真:イメージマート

当然、彼らは親と同居であり、それほど外食が多いわけではないだろう。そんな子たちが肥満化しているのは、決して贅沢な食事をしているというものではなく、むしろ安価で満足感の高い高糖質食品を摂取せざるを得ないせいかもしれない。こんなところにも「失われた30年」による日本全体の貧困化が押し寄せているのだとしたら由々しき問題である。

あわせて、このように男児の肥満が増えていくと、彼らが20代の結婚適齢期になった時の未婚率の上昇も心配してしまいたくなるのである。

関連記事

「若者の給料」と同様に、30年間伸びていない「若者男子の低身長」問題

学歴や年収だけではなく、子の結婚にも影響を及ぼす両親という環境

-

※記事内グラフの商用無断転載は固くお断りします。

※記事の引用は歓迎しますが、著者名と出典記載(当記事URLなど)をお願いします。