山内マリコ、受賞のあと地獄の始まり「気づいたら作家志望のニート30歳だった」

山内マリコ、受賞のあと地獄の始まり「気づいたら作家志望のニート30歳だった」

…7歳で「R-18文学賞」読者賞を受賞。そこからくすぶり続けた日々――そして、27歳のときに新潮社主催の「女による女のためのR-18文学賞」に応募されて…

7月12日(日) 7時0分-エンタメ総合(telling,)

ギンヤンマを捕まえたくて……現代のファーブルが語る「虫と人生」

ギンヤンマを捕まえたくて……現代のファーブルが語る「虫と人生」

本書の著者である奥本氏は、フランス文学の研究者である一方、筋金入りの昆虫マニアとしてその筋の間では有名だ。かつては、「自然破壊の象徴」と揶揄されて一…

7月12日(日) 6時1分-エンタメ総合(文春オンライン)

毒親になった「大草原の小さな家」のローラが過ごした過酷な幼少期

毒親になった「大草原の小さな家」のローラが過ごした過酷な幼少期

…清貧なる開拓者の生活を描き、米国的自主自立を説いた米文学史に残る名作『大草原の小さな家』。児童書としても多くの子どもに読まれ、日本でもNHKで長期に渡…

7月11日(土) 22時40分-エンタメ総合(ELLE ONLINE)

ウッディ・アレン最新作は、ティモシー・シャラメとN.Y.を愛でるための映画!

ウッディ・アレン最新作は、ティモシー・シャラメとN.Y.を愛でるための映画!

…ックでチアリーダーの彼女がいるアメリカ~~ンなメジャー男子より、アートと文学に傾倒するオタク気味の男子が好みならば、この映画のティモシーに絶対ハマるはず…

7月11日(土) 20時3分-エンタメ総合(webマガジン mi-mollet)

歌人の岡井隆さん死去 前衛短歌運動の旗手

…「禁忌と好色」で迢空賞、「親和力」で斎藤茂吉短歌文学賞、「馴鹿(トナカイ)時代今か来向かふ」で読売文学賞をそれぞれ受けた。19年から天皇陛下や皇族方の…

7月11日(土) 17時48分-社会(産経新聞)

前衛短歌の旗手、岡井隆さん死去 92歳 文化功労者、戦後の歌壇をリード

前衛短歌の旗手、岡井隆さん死去 92歳 文化功労者、戦後の歌壇をリード

…毎日芸術賞を受賞。他に「鵞卵亭(がらんてい)」、「親和力」(斎藤茂吉短歌文学賞)、「ウランと白鳥」(詩歌文学館賞)など歌集は30冊を超える。後期の代表…

7月11日(土) 17時1分-文化・アート(毎日新聞)

吉備路ゆかりの作家の原稿や掛け軸など展示 スポーツに焦点を当てた特別展開催【岡山・岡山市】

…を中心としたグループの朗読会が開かれました。朗読会では、岡山市出身の児童文学作家 坪田譲治の「風の中の子供」などが朗読され、訪れた人たちは作品の世界に…

7月11日(土) 15時30分-岡山(OHK岡山放送)

歌人の岡井隆さん死去、92歳…寺山修司らと前衛短歌運動を推進

…も手掛け、短詩型文学の可能性を追求し、若い世代の歌人に影響を与えた。 2005年に歌集「馴鹿(トナカイ)時代今か来向かふ」で読売文学賞。07年には宮内…

7月11日(土) 14時16分-エンタメ総合(読売新聞オンライン)

羽生善治「ミスのないAIの将棋を見て、面白いと感じるかどうか」新井紀子×羽生善治×重松清〈後編〉

羽生善治「ミスのないAIの将棋を見て、面白いと感じるかどうか」新井紀子×羽生善治×重松清〈後編〉

…だと思うのですが。重松 僕の立場から言えば、国語の授業で文学が扱われなくなる流れのなかで、文学作品をじっくり読む訓練をしなくなったのも問題ではないかと…

7月11日(土) 12時0分-社会(婦人公論.jp)

外岡秀俊の「コロナ 21世紀の問い」(12)  ノーマ・フィールドさんと考える「人種・核・ウイルス」

外岡秀俊の「コロナ 21世紀の問い」(12)  ノーマ・フィールドさんと考える「人種・核・ウイルス」

…ク企業で多くの若者が呻吟する社会を背景に、「共産党神話」や戦後の「政治と文学」論争などを通して偏見に染まった多喜二像を脇に置き、彼の作品そのもの、とく…

7月11日(土) 12時0分-社会(J-CASTニュース)