Yahoo!ニュース

【相模原市】アーティストが集う不思議なカフェ「Shu」の超こだわりカレー

旅人間はらぺこライター

はらぺこライターの旅人間です。今回は相模原市の”藤野”からリポートです。

相模原市緑区の藤野地区と言えば、人とアートが自然に溶け合う”芸術のまち” 。多くの人が惹きつけられる不思議なトコロ。そんな地域のおすすめカフェについて。

ここは四方を山々に囲まれた自然豊かなエリア。周辺を散策すれば、街中にはアート作品が数多く見られ、ミュージシャンのライブや作家さんの個展など様々なイベントが日常的に開催されている。芸術家たちが集う独特な空気感が、より多くの人を惹きつけているのだ。

そんな藤野に来たら、ぜひ立ち寄りたいのが「カフェレストランShu」。JR藤野駅から車で約4分、閑静な場所にひっそりと佇むこの店は、澄んだ空気に藤野の爽やかな風が感じられる店づくりが特徴の店で、ペットOKのテラス席もある。

また、店内ではアーティストによるワークショップやトークショーなど、数々のイベントも楽しめ、思いがけない出会いが偶発的に巻き起こることも珍しくないらしい。

それも全てオーナーである森久保さんご夫婦の人柄だろう。同店は2005年に藤野町役場を定年退職してからスタートし、キッカケは自分の店で色んなミュージシャンを呼んでライブの出来る店をコンセプトにしたという。

その当時、この藤野にアーティストが多く移り住んできていたが、地元の方との交流できる場がなく、そのような場を作りたいと考えたとのこと。

実際に、ココでは数々のミュージシャンによるジャズ・クラシック・ロック・民族音楽などを開催されている。音楽だけにとどまらず、絵や写真の展覧会・ワークショップ仲間同士のパーティーなど、毎週多くの人が集まって楽しめる。

建物は地元の設計士さんに、そして店内は地元の作家さんの作品を使い、食材も出来るだけ地元て採れるものを使っているそう。

また店内のギャラリーも見応え抜群なので、そこも必ずチェックしておきたい。

そして、今回注文した料理は「Shu特製 オリジナルチキンカレー」。これはオーナーの自信作。その内容を聞けば「えっ!」と驚かされる。

というのも、玉ねぎを4時間以上かけて炒めた後に、オリジナルブレンドのガラムマサラ、自家栽培したコリアンダーなどのハーブやスパイス、そして野菜をブレンドし2日間煮込むという。そして熟成させてから更に3日間を要しているのだとか。

さて、そのお味は…?そりゃ~美味しいに決まってますよね。個人的な感想を述べるなら、とっても食べやすいカレーといった印象。家庭的な味わいだけど、一般家庭ではとても到達できない深みがあって、手作りの旨みがギューって詰まっているのがハッキリと分かる。

店の雰囲気、味、そしてオーナーの人柄、こりゃ~毎日通えるなら通いたくなる。常連さんが多いのも納得です。

<関連記事>
露天風呂が最高!知る人ぞ知る穴場の「源泉かけ流し」藤野やまなみ温泉

カフェレストランShu
住所:神奈川県相模原市緑区日連981
電話番号:042-687-2333
営業時間:11:30〜17:00
営業日:金・土・日・祝日
公式ホームページ(外部リンク)
地図(外部リンク)
取材協力:カフェレストランShu

はらぺこライター

旅が好き、歴史も好き、食べるのはもっと好き!”はらぺこライター”です。地域に古くから伝わる伝承や伝説、歴史、観光スポット、そして街中グルメの食べ歩きなど…。最近はメタボが課題。

旅人間の最近の記事