■不確実性の時代に、不満・不安・不信を覚えないようにする

不確実性、複雑性の高い時代に、不可欠なのが「具体と抽象の往復運動」だ。

複雑なものを複雑にとらえたり、短絡的に決めつけたりすれば、不安や不満、さらにいえば不信を覚えるようになる。決して健康的な人生を送ることはできない。

一つのものを分解したり、バラバラになっているものを一つにまとめたり。相手に合わせて視座を低くしたり、全体を俯瞰して視座を高くしたり。

自在に視点をコントロールできないと、頭が整理できないし、コミュニケーションスキルも落ちる。

そこで具体と抽象トレーニングを通じて地頭力を鍛える方法をわかりやすく解説する。今回の記事に触れることで、以下の疑問が解消されることだろう。

・なぜ何をやらせても「そつなく」こなす人がいるのか?

・どうすれば「言語能力」が鍛えられるのか?

・どうすれば他者が編み出した成功法則を、自分にも応用できるのか?

・自分は「好きなことをさせてうまくいく人」か、「好きなことをさせるとうまくいかない人」なのかをどう見分けるのか?

・なぜ小説が映画化されると違和感を覚えるのか?

・なぜ会社の上層部ほど個人での意思決定が大事なのか?

・なぜ「たとえ話」がヘタな人は応用力が落ちるのか?

・どうすれば部下は上司を理解し、経営陣は従業員を理解できるのか?

・どうすれば「パターン認識」が得意になり、自分なりのノウハウを作れるようになるのか?

不確実性の時代に、不満・不安・不信を覚えないようにするためである。

「具体と抽象」についてわかりやすく解説した。新しい世界が見える、知性を身につけよう。

■新しい世界が見える「具体と抽象の往復運動」