目標を絶対達成させるための3つの「基本」

(写真:アフロ)

目標を達成する3つの基本

私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントです。この仕事を長くしてきて、目標を達成する人と、そうでない人の行動パターン・思考プログラムの区別はできるようになっています。目標を必ず達成する人は、「基本」を押させているのです。

どんなに小さな目標であろうと、どんなに大きな目標であろうと、達成するための基本は同じ。それらの基本とは、以下の3つです。

● プロセス

● 手順

● 必要期間

たとえば企業の目標予算を達成させる場合も、資格試験を合格しようとする場合も、正しい「プロセス」を正しい「手順」で実施し、正しい「必要期間」をかけることが基本です。これはダイエットも同じ。仕事のスキルアップも同じです。

すぐに結果は出ない

特に3つ目の「必要期間」を軽く受け止める人がいます。それは高度情報化時代となり、「すぐに結果が出る」というキャッチコピーが膨大に出回ったことが要因です。

誰もが「すぐに結果が出る」とわかっているものであれば、わざわざキャッチコピーに「すぐに結果が出る」などと謳いません。たとえば、話題のゾゾスーツについて、

「ゾゾスーツを使えばZOZOタウンで自分の体型に合った服を注文することができます。すぐに結果が出ます!」

というキャッチコピーはありません。ゾゾスーツを使って注文するだけですから、すぐに期待どおりの成果をだせるに決まっているからです。いっぽう誰もが「すぐに結果が出る」はずがないと思うものである場合も、そのようなキャッチコピーを使わないのです。

「この参考書を使えば、税理士試験は一発合格です。誰でもすぐに結果が出ます」

このようなキャッチコピーもあり得ないでしょう。税理士試験がどれほど難易度が高く、合格するまでにどれほどの期間勉強しなければならないのか、多くの人は予想がつくからです。しかし「必要期間」が不明なもの。馴染みがないものに対しては効き目があるのです。

「当社のダイエット食品をぜひお試しください。すぐに結果が出ます!」

「仮想通貨であなたも億り人! すぐに結果が出る人続出!」

こういうキャッチコピーであれば、騙される人は多くいます。ひょっとしたら、すぐに結果の出る方法やツールが存在するのかもしれないと期待してしまうからです。

即効性を期待することは時代錯誤

企業においても「結果主義」はアナクロな思想と言われるようになりました。社長が「とにかく結果を出せ」「売れる商品を作れ」「コミュニケーションを活性化しろ」と、プロセスも手順も必要期間もすべて無視して、いきなり結果を求めるのは時代錯誤です。

社会にはいろいろな仕組み、システムがあります。それぞれの3つの基本……「プロセス」「手順」「必要期間」を知っていないと、下記のように、結果がなかなか出ない苛立ちを押さえることができなくなります。

「あれほど結果を出せと言っているのに、まだ全然結果が出ない」

「アベノミクス、アベノミクスって言うけど、夫の給料、全然増えてない」

「働き方改革なんて、当社はまだ全然できていない」

身近なことも、世の中の出来事も、すべて何らかの「結果」を求め、期待するのは当然のことです。しかし何らかの目標を設定しても、期待どおりの結果が出るまでには基本を押さえることです。

3つの基本を頭に入れ、メディアが報じるアジテーションに、必要のない不安や不満を抱かないようにしたいですね。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポサンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ