悩みを打ち明けて、かえって傷つく「危険人物」の特徴

人には、それぞれ抱えている悩みがあります。その悩みの「レベル感」はさまざまで、本来は他人と比較できるものではありません。しかし、それを絶対値として比較し、評価しようとする人がいます。そういう人に悩みを相談しても、悩みが解消されるどころか、傷つくだけです。

たとえば、

「私のお父さん、いつも仕事が遅いんだ。夜10時過ぎに帰ってくることもある」

「何言ってんの。私のお父さんなんて出張ばかりで、週末にしか帰ってこないんだから」

とか、

「お金が全然ないんです。携帯電話の通話料を支払うお金もなくなってきました」

「そんなの大したことないだろう。俺が若いころは、携帯電話すらなかったんだから」

などと、相手の悩みと自分の悩みとを比較して、「あなたの悩んでいることなど、悩みに値しないことなんだ。それに気づきたまえ」と諭されても、悩みが解消されることはほとんどありません。このように言われたら「そうだよね。私の悩みなんて大したことないね」と言って苦笑いするしかありません。相手は、

「そうだよ。そんなことでクヨクヨしてたら、これからやっていけないんだから」

と、勝ち誇ったような表情で言い返すことでしょう。まさに「身もふたもない」とはこのことです。

やたらと「不幸自慢」をする人がいます。自分の不幸を訴え、「どんなに大変か」「どんなにツラいか」「どんなに苦労しているか」を主張し、相手に慰めてもらおうとする人に対して、「自分のほうがもっと大変で、ツラく、苦労している」と言い返す人です。

相手から慰めの言葉を期待する人にとっては、まるで「返り討ち」にあったかのような衝撃を受けることでしょう。あまりにこういう経験が多い人は、自分の不幸を「盛る」ことを覚えていきます。

「私のお父さん、全然家に戻ってこないんだ。夜10時に帰ってくるときはいいほうで、この前なんか朝になってから戻ってきた。帰って来ても玄関で寝ているときとか、なんか意味不明な言葉を叫びながら壁に頭をぶつけるときもあるし、お母さんとも激しく口論しているときをたまに見かける。すごくお父さんが心配。昔はとっても優しい人だったのに、これからどうなっていくんだろう……」

このように告白されたら、「何言ってんの。そんなの大したことないじゃん」とは、なかなか言えません。

「え、本当に? 大丈夫……?」

「うん……。私、最近お父さんが帰宅するまで眠れなくって、体調もよくないの。家族が崩壊するんじゃないかって思うと不安でどうしようもなくなって……」

「なんか最近、顔色悪いなって思ってたんだよね。すごく心配……」

「ありがとう。私もどうすればいいかわからない」

あまりに不幸自慢で「返り討ち」にあっていると、絶対に負けない不幸を創造して、強引にでも相手に同情させてやる、慰撫(いぶ)させてやる、と強い気持ちを持つ人もいることでしょう。しかし、このような空想は事実をわい曲しているため、自分の悩みが解決することなどあり得ません。

したがって、どうしても自分の悩みを相談したい、誰かに慰めてもらいたい、と考える人は、「不幸自慢」をする人に打ち明けるべきではないのです。傷つくだけです。

誰かに聞いてもらいたい悩みがあったら、「受け入れる」ことはできなくとも、「受け止める」ことをしてくれる人を探しましょう。自分の体験談と比較しようとする人は、本当の意味で「相手のことを考える」ことができない人です。もし悩みを相談できる人が身近にいなければ、誰にも打ち明けないことです。てっとり早く身近な人に相談し、傷ついていくうちに、別の悩みが膨れ上がっていく可能性があるからです。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。メルマガ「草創花伝」は4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポサンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    大人でも体重で用量異なるインフル治療薬「ゾフルーザ」正確に伝えて 正しく知りたい異常行動のこと 高垣育1/22(火) 7:30
  2. 2
    世界初! 地震・台風・洪水に負けない“災害に強い家”が伝統工法によって誕生! 山口一臣12/10(火) 21:07
  3. 3
    絶品野菜ジュースカレーは本当に絶品? 成田崇信12/11(水) 19:34
  4. 4
    賞味期限切れ卵は生で何日食べられる?ニワトリが24時間かけて産んだ卵を賞味期限で容赦なく捨てる私たち 井出留美2018/5/17(木) 0:01
  5. 5
    城之内の決め台詞「サイナス」とは? ドクターXでよく見る業界用語を外科医が解説 山本健人11/7(木) 16:00
  6. 6
    メタボ健診の健康増進効果はほぼゼロ? 年200億円超もの税金を投入する価値はあるのか 津川友介12/9(月) 7:00
  7. 7
    飲み過ぎた翌日、下痢する理由 医師の視点 中山祐次郎2017/5/31(水) 13:49
  8. 8
    「水に抗するのではなくゆだねる」〜オランダに学ぶ気候変動適応術その1〜 橋本淳司12/9(月) 12:00
  9. 9
    「風邪にねつさましを飲むと治りが悪くなる」は本当? 医者の本音 中山祐次郎2018/7/27(金) 9:30
  10. 10
    冬到来 いまどきの犬の服事情 「裸にしてから診察してください」ってどういう意味 石井万寿美12/6(金) 7:30