天才や変人ではなく、常識人がイノベーションを起こす方法

イノベーションという言葉は、「変革」「革新」などと日本語では訳されています。本来は、新しいアイデア・発明による、社会的に意義の高い価値の創造――といった定義ですが、現在では、もっと広義で、身近な意味合いをもって使われることが多いでしょう。

経営コンサルタントとして現場に入っていると、「もっとイノベーションを起こせ」「来季は組織イノベーションを進める」といった表現によく出会います。部署名に使われることもあります。「イノベーション企画室」「イノベーション推進センター」などと言った部署も大企業などに存在し、そのような部署のメンバーと名刺交換をさせていただくことも日常的に多くあります。

このように身近になったイノベーションという表現ですが、実際に、どうすることで「行動」「組織」「発想」におけるイノベーションを起こすことができるのか、今回は考えてみます。社会や産業を変えるほどの強烈なインパクトのある発明や革新的アイデアではなく、です。

私は天才や、周囲から「変人」と言われるほどのディスカバラーでない限り、意図的にイノベーションを起こすことは、ほとんど無理だと考えています。過去の現場体験からして、もしも一般的な常識人がイノベーションを起こすとしたら、本当の意味で追い込まれたときだけではないか、とまで。

イノベーションという言葉をあえて使うぐらいですから、単なる「改善」「改革」といったものではなく、「周囲から賛否が分かれるほどの、かなり大胆なアイデア・意思決定」をしなければなりません。組織の合意形成をもとに、イノベーションを引き起こすことなど不可能でしょうし、もしできたとしたら、その意思決定はイノベーションとは呼ばないでしょう。

常識的な人が、日常において、もしくは所属する組織において、常識を覆すようなアイデアを出すのです。天と地がひっくり返るぐらいの状況に追い込まれていないと、常識観をぶち破るような発想にたどり着くことはありません。

私がこれまで目にしてきた、数少ないイノベーション的な発想は、とてつもなく高い目標を渡され、それを達成させようと、なりふり構わず行動していた人にだけ訪れています。ふと振り返ってみたら、自分のやってきた行動やアイデアが、他人からすると、相当イノベーティブであった、という結果論として後付けされるのです。

高い目標もなく、静的な状況において革新的なアイデアを生み出す人は、前述したとおり「常識人」ではありません。したがって再現性がないのです。ですから、追い込んでもいないのに言葉だけで「イノベーションを起こせ」と経営者が叫んでも、革新的なアイデアが創りだされることはないと考えましょう。

新年を迎えるにあたり、ビジネスにおいて、組織において、自分の行動において、何らかのイノベーションを起こしたいと考える人は、自分でも信じられないような高い目標を掲げ、公言し、自分を追い込んでみてはいかがでしょうか。極限まで追い込まれることで「ゾーン」に入ります。そして超集中状態「ゾーン」に入る方法に書いたとおり、

●きわめて高い集中力を発揮している「研ぎ澄まされている感覚」を味わう

●時間が止まったかのような「時間感覚」の歪みを覚える

●陶酔状態に陥り、恍惚感、多幸感を抱く

●痛みや苦しみ、ストレスから解放され、感情のコントロールができる

●きわめて短い時間の中で適切な判断ができる

といった心理現象を味わい、イノベーティブな発想が誕生するのです。いろいろなパーツでできあがっている、自分の中の常識観をいったん壊して分解し、それらのパーツを再構築、再結合させてはじめて、とんでもないアイデアが生まれるのですから。脳が破壊されるほどの目標を掲げることが必要ですね。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポサンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ