副業で20万円の収入 確定申告は必要?会社に知られるの?

写真はイメージ(ペイレスイメージズ/アフロ)

2018年1月31日、厚生労働省は企業が就業規則を制定する際の公的なひな型として影響力を持つ「モデル就業規則」を改定しました。これまで副業は原則禁止とされていたのが事前に届け出を行うことを前提に副業ができると明記しました。

収入が伸び悩むなか、副業によって収入を得たり、独立や起業の準備がやりやすくなるのでメリットは大きいでしょう。しかし、依然として副業を禁止している企業も多いですし、業務の内容によっては会社の許可がおりない場合もあるので社内規定をよく確認する必要があります。

副業・兼業を行い、20 万円を超える副収入がある場合は、企業による年末調整ではなく、個人による確定申告が必要になります。20万円は所得ベースなので必要経費を引いた後の所得になります。

また、給与の収入金額が2,000万円以下の給与所得者は、給与以外の所得が20万円以下の場合は確定申告をしなくてもよいということなのですが、仮想通貨の売却益など他にも所得がある場合は経費を引いた後の所得を合算をして20万円までとなります。仮想通貨の確定申告については過去のコラムでまとめています。

開業届を税務署に届け出て、きちんと個人事業として副業を行う場合、確定申告の際に普通徴収(自分で納付書にて納税)にすれば、基本的には会社に収入を知られることはありません。

開業届を提出することのメリットは、確定申告の際に節税効果の高い青色申告特別控除が受けられること(別途書類の提出が必要)、給与所得などと損益通算ができること、などがあります。

他方でデメリットとしては、白色申告や青色申告に応じて記帳が必要、失業保険を受けることができなくなる可能性があるなどが挙げられます。

開業届を提出したら所得が20万円以下の場合も基本的に確定申告が必要になります。自分の売り上げに合わせて、場合によっては税理士など専門家に相談をして判断をするのが良いと思います。

外資系投資銀を経てFPとして独立。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)など著作多数。日本テレビ「有吉ゼミ」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。花輪陽子のシンガポール富裕層の教え https://www.mag2.com/m/0001687882.html 海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営 https://100mylifeplan.com/

有料ニュースの定期購読

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣サンプル記事
月額660円(初月無料)
月2回程度
著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。