大阪府高槻市は、三好長慶が居城した芥川山城の御城印帳と、松永久秀の武将印を作成し、ふるさと納税の返礼品として提供する。長慶は室町幕府の威光をバックとしない畿内政権を築いたが、その過程とは。

■三好長慶とは

 三好長慶が生まれたのは、大永2年(1522)のことである。初名は、範長という。父は阿波や山城で守護代を務めた三好元長である。

 天文元年(1532)細川晴元と対立した父・元長は、無念にも顕本寺(大阪府堺市)で自害して果てた。

 その翌年、弱冠12歳の長慶は、抗争中だった晴元と本願寺との講和を斡旋し、その類稀なる才能を発揮した。

 さらに天文3年(1534)10月、長慶は木沢長政の仲介によって、仇敵である晴元に仕えることになったのである。これにより、長慶は表舞台への復帰を果たした。

■長慶の快進撃

 その後、晴元に背くこともあったが和解すると、天文8年(1539)には摂津西半国の支配を任されるようになり、摂津越水城(兵庫県西宮市)に本拠を構えた。

 ここから長慶の快進撃が始まる。天文11年(1542)に長政を打ち破ると、5年後には細川氏綱、遊佐長教の連合軍を敗北に追い込んだ。

 その後、氏綱を擁して晴元から離反すると、天文18年(1549)6月の摂津江口の戦いで晴元を破り、入京して畿内を制圧することになった。ここからの長慶は、天下人への道のりを歩んでいった。

■将軍を追放する

 天文22年(1553)7月、将軍足利義輝・晴元連合軍を破り、近江へ追放した。こうして長慶は、念願の政権を樹立することになった。

 長慶が樹立した政権は、室町幕府の威光を背景としない、独自の畿内政権だったという。それは、のちの織田信長が築いた政権のモデルにもなったという。

 その支配領域は、山城、丹波、摂津、和泉、淡路、讃岐、阿波の7ヵ国にも及んだ。これは、関東の北条氏に匹敵するものだった。

 永禄元年(1558)には義輝と和睦し帰京を許し、本拠を摂津芥川城(大阪府高槻市)から河内飯盛山城(大阪府大東市)に移した。

■長慶の最期

 長慶の勢力は拡大する一途であったが、おおむね永禄4年(1561)頃から衰退の兆しを見せ始める。

 その要因は、配下にあった松永久秀の台頭であった。同時に、十河一存や三好義賢などの右腕も戦死で失った。

 さらに、永禄6年(1563)には嫡子の義興を失うなど精神的な打撃を受け、失意の日々を過ごしたのである。

 長慶が亡くなったのは、永禄7年(1564)7月。飯盛山城で病死したという。享年43。まだ働き盛りだった。