31年前の今日、1985年8月12日、18時56分に起きた日航機墜落事故。

現場である御巣鷹山が群馬県だったことから、地元の新聞は、中央紙に負けじと独自取材でがんばった。まさに、その地元紙(上毛新聞)の記者として事故の取材に当たっていたのが、作家の横山秀夫さんだ。

小説『クライマーズ・ハイ』が世に出たのは2003年であり、事故から18年を経ていた。横山さんがこの作品を書くまでに、それだけの時間を必要としたということだ。確かに重い題材だったと思う。

原田眞人監督による同名映画の公開は2008年。原田監督といえば『金融腐蝕列島〔呪縛〕』を思い出す。「組織と個人の葛藤」というテーマは、映画『クライマーズ・ハイ』でも生きている。いや、一層ダイナミックに描き出される。原作よりも、新聞社内部の”熱気と混沌”に、より軸足を置いているからだ。

堤真一(好演)が演じる取材責任者や、実際に御巣鷹山に登り、自分の目で現場を見てきた記者・堺雅人(熱演)はもちろん、山崎努のワンマン社長、また編集や販売のトップたちも、みんな、なにやら「ヤクザの出入り」(東映作品だし)のような雰囲気とテンションでうごめいていた。

小説でも、映画でも、新聞社の中にまだパソコンがなく、原稿用紙に手で書きなぐっている場面に、あらためて驚く。そういえばケータイもまだない。記者が現場から送稿するのに公衆電話を使っているのだ。アナログ時代と言わば言え。人間が取材し、人間が記事を書く。つまり、人間が新聞を作っていることが強く伝わってくる。

それにしても、映画で再現されたこの航空機事故の修羅場には、思わず息をのんだ。また、それを伝えようとしたジャーナリストたち、いや古い言葉でいえばブンヤさんたちのエネルギーにも圧倒された。

今夜、あらためて、小説『クライマーズ・ハイ』を読み返してみたい。

合掌。