【4月4日のMLB】アーロンがルースに並ぶ、開幕戦の1試合3本塁打、野茂が2度目のノーヒッター

野茂英雄/手前はJ.バリテック、奥はB.ドーバック Apr 4, 2001(写真:ロイター/アフロ)

◆1974年4月4日

アトランタ・ブレーブスのハンク・アーロンが、通算714本目のホームランを打ち、歴代1位のベーブ・ルースに並ぶ。開幕戦の1打席目。前年の9月29日にリーチをかけてから、6打席目だった。この4日後、アーロンはルースを追い抜いた。

◆1988年4月4日

トロント・ブルージェイズのジョージ・ベルが、1試合に3本のホームランを打つ。開幕戦の1試合3本塁打は史上初。その後、タフィー・ローズ(1994年)、ドミトリー・ヤング(2005年)、マット・デビッドソン(2018年)の3人も記録した。ローズとヤングも4月4日、デビッドソンは3月29日。開幕戦の1試合4本塁打は、まだ誰も記録していない。

◆1989年4月4日

45歳のトミー・ジョンが、ニューヨーク・ヤンキースの開幕投手として、メジャーリーグ26年目のシーズンを迎える。この年、5月下旬に解雇され、9月に引退を表明。4年後にノーラン・ライアンに更新されるまで、ジョンは史上最も多くのシーズンでプレーした選手だった(ナ・リーグとア・リーグのみをカウント)。後に「トミー・ジョン手術」と呼ばれることになる手術を受け――執刀はフランク・ジョーブ博士――全休した1975年を挟み、キャリア前半の12シーズンは124勝106敗、防御率2.97、後半の14シーズンは164勝125敗、防御率3.66を記録した。

◆2001年4月4日

ボストン・レッドソックスの野茂英雄が、2度目のノーヒッターを達成する(写真)。レッドソックスの選手として出場した、最初の試合だった。1度目のノーヒッターは、ロサンゼルス・ドジャース時代の1996年9月17日。

 4月3日のMLBは、こちら。

【4月3日のMLB】ブレーブスのドラフト指名選手がメッツに入団、グリフィーと名遊撃手が同時デビュー