新型コロナウイルスの感染拡大が日本に警告していること

フーテン老人世直し録(498)

弥生某日

 新型コロナウイルスを巡り、政府の専門家会議は2月24日に「これからの1,2週間が、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」という見解をまとめた。3月9日はその2週間目に当たる。

 その間に政府は次々対策を打ち出したが、フーテンが指摘したように、感染拡大リスクを抑えると言うより、安倍政権の支持率低下リスクを抑えることに力点が置かれ、安倍総理の指導力を国民に見せつける演出にこだわるあまり、現場に混乱と動揺が広がっているように思える。

 3月8日のNHK「日曜討論」は、2週間目の前日に当たることから、この間の政府の対応を振り返り、また今週中に成立させる予定の特措法改正案を巡り、「討論」が行われるものと思っていた。ところが放送されたのは、加藤厚労大臣と専門家会議の尾身副座長に対する30分程度のインタビューだった。これなら政府広報と変わりがない。

 嫌な予感だが、特措法改正案が成立し、総理が緊急事態を宣言すると、「日曜討論」は「討論」ではなく「政府広報」になることを、NHKは先取りして見せているのかと考えてしまった。

 安倍総理は先週26日、まずスポーツ文化イベントの自粛を要請し、次いで27日には専門家会議にも文科省にも相談せず、全国の小中高校と特別支援学校に3月2日からの一斉休校を要請した。これが急な発表だったため現場は混乱する。

 そして3月5日、習近平国家主席の訪日延期が決まると同時に、中国と韓国からの入国規制を発表した。中国政府が武漢市封鎖を発表した1月23日以降も、日本政府は「春節」で日本を訪れる中国人観光客を受け入れ、湖北省滞在歴のある外国人の入国を禁止したのは1月31日である。今度は中国全土を対象にすると言うが、「何を今更」という気がする。

 中国と同時に入国禁止の対象にされた韓国は反発している。日本政府に対抗し日本人の短期滞在ビザ免除を停止すると発表した。中国政府が反発していないところを見ると、中国政府とは事前にすり合わせを行い、一方の韓国政府とはすり合わせず、一方的に通告したと見られる。

 昨年の半導体材料輸出規制と同様のやり方で、韓国を怒らせるところに狙いがあると思う。そのことは、安倍総理が感染リスクを抑えるより、支持率低下リスクを優先して考えていることを証明する。

 安倍総理が支持率低下に慌てているのは、右派の支持層に支持離れが起きているからだ。そもそも右派は習近平国家主席の国賓としての訪日に反対していたが、そこに新型コロナウイルスの対応で、中国に遠慮して入国禁止措置を採ろうとしないことから支持離れが決定的になる。

 2月25日の産経新聞の世論調査で、支持36.2%、不支持46.7%になったことがそれを物語る。他の新聞社の調査では、支持と不支持の差がせいぜい1%から5%、ところが読者に安倍支持層が多いと思われる産経新聞だけは10%近くも不支持が多い。

 そこで安倍総理は危機感を持ち、支持を回復するために右派が嫌う中国と韓国に厳しい姿勢をして見せる必要があった。一方で日本経済は、輸出面でもサービス面でも、中国抜きには考えられない。従って中国を怒らせる訳にはいかないが、韓国は怒らせても構わないというのが安倍総理の考えだ。

 いやむしろ韓国を怒らせた方が支持の回復につながると考えている。韓国政府が「防疫以外の意図があるのではないか」と批判するのは、そうしたことを感じているからだろう。とにかく今更ながらの入国規制は、安倍総理の頭が感染拡大リスクを低下させるより、支持率低下リスクを抑えることでいっぱいなことを感じさせた。

 さあ、このやり方で右派の支持離れを回復できるのか、フーテンは興味津々である。中国に対するスタンスはそのままで、韓国に厳しく当たることで右派は良しとするのか、それとも中国に対する姿勢がやはり問題なのか。世論調査の結果が待ち遠しい。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2020年3月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2020年3月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」4月28日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    安倍総理大臣 みんな「緊急事態宣言」を出されても補償がなければ外出して働くしかないのです 藤田孝典4/6(月) 12:17
  2. 2
    買い物や通勤は…新型コロナ「緊急事態宣言」が出たら、何が処罰の対象に? 前田恒彦4/2(木) 9:04
  3. 3
    このままでは多くの人に壊滅的影響。「現金30万円を非課税世帯中心に」では明らかに足りない理由 伊藤和子4/6(月) 9:54
  4. 4
    国土交通大臣政務官「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」感染拡大は国のせい?国のせいじゃない? 藤田孝典4/5(日) 10:31
  5. 5
    西村再生相「現金給付何回もする必要あるかも」 もう一律の現金給付でないなら辞めてください 藤田孝典4/5(日) 17:56
  6. 6
    「1世帯あたり30万円の現金給付」という巧妙なウソ 現実は対象が限定された現金給付の可能性 藤田孝典4/3(金) 18:58
  7. 7
    緊急事態宣言前夜? 「感染者数」速報で不安を煽るメディアが全く報じないデータと発言 楊井人文4/6(月) 18:01
  8. 8
    「明日のニューヨークにならないため」に出会い系イベント映像の後に羽鳥慎一が示した“緊急事態”の効果 水島宏明4/6(月) 18:54
  9. 9
    新型コロナとBCGの相関関係について免疫学の宮坂先生にお伺いしました 木村正人4/5(日) 12:00
  10. 10
    大村知事さま「迷惑千万だ」発言は新型コロナを軽視しすぎでは?(「助けて」SOSの反響追記あり)   水島宏明4/4(土) 10:39