いくら不祥事を起こしても政権崩壊につながらない不思議

フーテン老人世直し録(473)

霜月某日

 先月の25日に菅原経産大臣、31日に河井法務大臣が共に公選法違反容疑のスキャンダル報道を受け辞任したことから、野党が要求した予算委員会の集中審議が衆議院で6日に行われた。

 内閣改造後1か月ちょっとで2人の閣僚が相次いで辞任したのだから政権には打撃のはずである。野党としては安倍総理の任命責任を追及し、また萩生田文科大臣の「身の丈」発言によって英語民間試験が延期された問題を追及して政権に打撃を与えようとした。

 ところが安倍総理は「自分に任命責任がある」と責任は認めながら、「行政を前に進めていくことに全力を尽くすことで国民への責任を果たしたい」と紙に書かれた言葉を繰り返し読み上げ、神妙な顔はするがフーテンには打撃も痛痒も感じていないように見えた。

 なぜなら安倍総理は質問する野党議員に自席からヤジを飛ばし、野党議員を怒らせて一時質疑が紛糾するという緊張感を欠く集中審議になったからである。攻める野党が非力すぎるのか、それとも安倍政権の驕りが勝っているのか、いくら不祥事を起こしても政権崩壊にはつながらないとの信念を見せつけられた思いがした。

 これは何だと思う。「自分に任命責任がある」と言って国民に謝ってみせるが、実は自分に任命責任などないと思っているのではないか。つまり菅原経産大臣も河井法務大臣も自分が任命したというより菅官房長官が主導した人事だから、責任は官房長官にあると心の中では思っている。

 そして2人が辞任したことは菅官房長官の力を削ぐが、自分の力が削がれることにはならない。むしろ週刊誌報道は力を増してきた菅官房長官より優位に立つきっかけを作ってくれた。だから余裕を持って「任命責任は自分にある」と言っていられる。

 もう少し想像を巡らせば、週刊誌に情報をリークしたのは安倍総理のサイドかもしれない。菅官房長官の側近だけが狙い撃ちのように辞任したのを見ると、フーテンはそういう想像に駆り立てられる。

 そして菅官房長官のスタンスから言えば、ここで安倍政権を崩壊させようと考えている訳ではない。安倍政権を存続させ、その間にさらに力を増して、ポスト安倍のキングメーカーになろうと菅官房長官は考えている。それがフーテンの見立てである。

 しかしポスト安倍のキングメーカーの座を最も狙っているのは安倍総理自身で、安倍総理は自分の息のかかった者に後継の座を与えたい。だからその時が来ればこの2人は相争うことになる。今回の相次ぐ辞任劇はその前哨戦のように見える。だから今のところはいくら不祥事が起きても政権崩壊にはつながらないのである。

 そしてもう一つ考えられるのは、安倍政権の本質が官邸官僚に操られた「二人羽織」であることだ。安倍総理は官邸官僚が書いたセリフを国会で読み上げるだけで良いのである。そうでないと困ると官邸官僚は考えている。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」の定期購読をお申し込みください。

定期購読のお申し込み

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」サンプル記事

田中良紹

価格

月額550円(初月無料)

月3、4回程度

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」11月26日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室 東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ

  1. 1
    「桜を見る会」を中止に追い込んだ本当の事情 安積明子11/14(木) 8:00
  2. 2
    「黒子のバスケ」脅迫事件で服役中の渡邊受刑者に面会した 篠田博之2016/5/3(火) 21:20
  3. 3
    田代まさしさん逮捕も驚いたが、岡崎聡子さんの薬物依存獄中手記はさらに深刻だ 篠田博之11/9(土) 8:00
  4. 4
    「ガセ」か?「スクープ」か? 韓国紙の「谷内前国家安全保障局長の3度の訪朝説」 辺真一11/14(木) 16:04
  5. 5
    池袋暴走事故で書類送検、勲章はどうなる? 剥奪される可能性も 前田恒彦11/13(水) 15:01
  6. 6
    朝日新聞「日本にも衝撃、トランプ流同盟切り捨て」をどう読むか 米軍シリア撤退にクルド人の意外な本音 木村正人11/15(金) 19:40
  7. 7
    池袋暴走事故、39万筆の署名が逆効果になるおそれも 送検された元院長の今後は 前田恒彦11/12(火) 10:23
  8. 8
    「ソフトバンクGの10兆円ファンドは世界の労働者を陥れるおとり商法だ」と痛烈批判した米紙NYタイムズ 木村正人11/13(水) 21:21
  9. 9
    12月から「ながらスマホ」運転の罰則強化 警察はどのように取り締まるのか 柳原三佳11/11(月) 9:21
  10. 10
    五輪に備え「都内勤務の約500人を2週間出社させない」が成功 どんな準備した? やつづかえり11/11(月) 14:55