成果がないように見せた日ロ首脳会談こそ警戒すべきである

フーテン老人世直し録(418)

睦月某日

 22日に行われた安倍総理とプーチン大統領の日ロ首脳会談は、終了後の共同記者発表で、両首脳が平和条約交渉の本格化を確認し合ったことだけを表に出し、肝心の領土問題を巡る議論に全く触れることがなかった。

 翌日の新聞各紙は、一面トップで伝えた産経新聞が、6月に大阪で開かれるG20までに領土問題を解決し平和条約締結を大筋で合意することが出来ると前向きに伝えた以外、各紙ともトップの扱いにはせず、日ロ間には歴史認識などで深い溝があり、平和条約締結には高いハードルがあると交渉の難しさを伝えた。

 フーテンは共同記者発表をテレビ中継で見たが、プーチン大統領も安倍総理も7分ずつ紙を読み上げただけの簡単なもので、内容的にも経済・貿易分野での協力関係に多くの時間が割かれ、平和条約交渉については「双方の国民が受け入れ可能な解決策を見出すための共同作業を進めていく」というだけで詳細に一切触れなかった。

 まして日本側が平和条約締結の前提としている北方4島返還については、4島での共同経済活動を今後も進めると言っただけで、領土問題の「り」の字もない発表だった。これを見れば誰もが「何のための首脳会談だったのか」と思うはずだ。それほど進展がないように見せた共同記者発表にフーテンは疑問を持った。

 会談時間は全体で3時間、そのうちの50分は安倍総理とプーチン大統領と通訳だけの1対1の会談だったという。通訳の時間を除けば2人はおよそ25分の密談を行ったことになる。それが肝心の領土問題を話し合った時間である。そして領土問題については2人だけの秘密にする方式が採られた。

 秘密であるから知りようもないが、確かなことは2人が「双方の国民が受け入れ可能な決着の仕方」を考えていることである。双方が受け入れ可能というのは、以前のブログにも書いたが、日本人には島の主権が日本に返還されたかに見え、ロシア人には島の主権を日本に渡していないと見えるやり方である。

 そんなことがありうるのかと思うかもしれないが、その知恵を出すのが政治である。そのためには双方の国内世論を見ながらいくつかの方式を用意する必要がある。その作業を始めていくことを確認したのではないかとフーテンは考える。

 ただし難しいのは「双方の国民」が満足するだけでは不十分で、日米安保条約を結んでいる米国が了承しなければ何も進まない。それらはすべて水面下で進行し、国民には知らされない可能性があり、それが産経新聞の言う通り6月のG20までに合意できるかどうかも分からない。

 しかしフーテンはあまりにも中身のない共同記者発表を見せられると、逆に極めて機微に触れる会談が行われた可能性を考える。政治の表と裏を見てきた経験がそう思わせるのだ。例えば「潜在主権」という言葉がある。外国の統治下にある地域に潜在的に認められた主権のことをいう。

 敗戦国の日本はサンフランシスコ平和条約で連合国から独立を認められ主権を回復した。主権を回復すると同時に領土も確定された。その時に日本は千島列島を放棄したのだが、千島列島の中に国後、択捉は含まれず、歯舞、色丹は北海道の一部と主張したのに対し、旧ソ連(ロシア)はすべて戦争で勝ちえた自国の領土だと主張して今日に至った。

 このサンフランシスコ平和条約で沖縄と小笠原諸島は米国の信託統治領となった。その時に米国の全権ダレスは、沖縄と小笠原は米国が司法、行政、立法など統治権を持つが、最終処分権は日本にあるとして、それを「潜在主権」と呼んだ。

 それ以来、小笠原は1968年まで、沖縄は72年まで米国の統治下にあった。それを参考に一方で北方4島のロシアの統治権を認め、しかし日本には「潜在主権」があることを認めさせるやり方が考えられる。

 ただこれまでの交渉の経緯を見れば、安倍総理が「自分の任期中に成し遂げたい」と主張して弱みを見せているのに対し、実効支配しているロシア側に交渉を急ぐ理由はない。従って交渉はロシアが有利である。日本の潜在主権を認めるにしても多くの経済的メリットを要求して取引することが出来る。

 また4島すべてに日本の潜在主権があると認める必要もない。安倍総理が既に4島を諦め2島で交渉をまとめようとしていることは誰の目にも明らかで、それならば2島の「潜在主権」を認めるだけで事足りる。しかも歯舞諸島にロシア人は住んでいないことから、色丹島の住民さえ納得させれば問題は解決する。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2019年1月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2019年1月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」2月26日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

<クリエイター×動画>で、あなたの明日にワクワクを

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ