選挙で世の中が変わるなら選挙は禁止される

フーテン老人世直し録(388)

葉月某日

 2015年製作の米国映画『選挙の勝ち方教えます』をケーブルテレビで見た。南米ボリビアの大統領選挙で選挙参謀を務めた米国人選挙コンサルタントが全く勝ち目のない候補者を当選に導く話だが、2005年に作られたドキュメンタリーを基にしているので実話である。

 邦題は安っぽいが、原題はドキュメンタリーと同じ『Our Brand Is Crisis』で、直訳すれば「我々の売りは危機」、つまり危機を煽って選挙に勝つ主人公チームの戦術を意味する。

 サンドラ・ブロックが主人公の選挙コンサルタントを演じ、俳優のジョージ・クルーニーがプロデューサーに名を連ねているところからリベラルな立場の映画であることが分かる。クルーニーは2005年の初監督作品で、共和党右派の「赤狩り」に抵抗し政治権力と戦ったCBSテレビのキャスターを主人公に『グッドナイト&グッドラック』を作った。

 しかし『選挙の勝ち方教えます』は日本で劇場公開されずDVDとして売られただけだった。公開翌年の大統領選挙でトランプを当選させるためロシアが介入した疑惑が現在の米国の最大の政治問題であることを思えば、もっと注目されてもよい映画である。

 フーテンにとっては映画の終盤で主人公の「選挙で世の中が変わるなら選挙は禁止される」というセリフが胸に突き刺さった。民主主義の基盤である「選挙」で世の中を変えることが出来ないのなら、民主主義という政治システムは有効なのか。重い意味を感じさせた。

 全てを選挙で決する米国では選挙コンサルタント業が一つの産業になっている。フーテンがワシントンに事務所を構えていたのは10年以上前だが、その頃でもワシントンには選挙コンサルタント会社が200以上あると言われていた。

 上は大統領選挙から下は小さな町の選挙まで選挙はいたるところである。さらに米国の選挙コンサルタントは外国の選挙にまで関わる。彼らは何をどのように訴えれば選挙に勝てるかを指導する。世論調査を行い、メディア対策を考え、候補者の演説内容から身振り手振りまですべてを演出する。

 サンドラ・ブロックが演ずる選挙コンサルタントは泡沫候補を当選させることで有名な凄腕だった。しかし4回連続して選挙に敗れ、引退して先住民族が住んだ土地に暮らしている。この設定は主人公が民主党系のコンサルタントであることを示している。

 米国には「バイブル・ベルト」と呼ばれるキリスト教の強い地域があり、そこでは先住民族の信仰が排斥される。その地域は強固な共和党の支持基盤で、聖書を全面的に信じ、フリーセックスや妊娠中絶、またダーウィンの『種の起源』は激しく非難される。共和党系のコンサルタントが先住民族の土地で暮らすことなど考えられない。

 映画は、引退したサンドラ・ブロックの許に南米ボリビアの大統領選挙のコンサルタント業務が舞い込むところから始まる。ボリビアは一握りの富裕層が支配し、軍事クーデターが起こるなど政治的にも経済的にも安定していない。

 依頼してきた政治家は米国育ちで保守派のグローバリストである。一度は大統領になったが国営産業を民営化したため「米国の手先」として国民に批判された。返り咲きを狙っているが不人気でトップとの間に支持率で30%の開きがある。

 トップの候補者はポピュリストで大衆に圧倒的な人気があり、その選挙コンサルタントも米国人だった。しかも彼女を引退に追い込んだ因縁の人物である。そのため彼女は仕事を引き受ける。ボリビアがどうなるかより、選挙コンサルタント同士の因縁の戦いが始まるのだ。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2018年8月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事6本)

2018年8月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月25日(火)19時~■場所:東京都千代田区神田神保町2-7芳賀書店ビル5F神保町駅前会議室(地下鉄神保町駅A1出口徒歩1分)■会費:1500円■申し込み先http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える