民進党の代表選挙は毎回理解不能なのだが今回はどうなるか

フーテン老人世直し録(320)

葉月某日

 22日に日本記者クラブで民進党代表選の候補者討論会が開かれたので見に行った。前原誠司氏と枝野幸男氏の論戦に期待したからではない。民進党が落ちるところまで落ちたと本気で思っているかどうかを確認しに行ったのである。

 民進党は昨年9月にも代表選を行った。その選挙で蓮舫代表が誕生した時からフーテンは民進党に対する興味を失い、直後10月の新潟県知事選挙と東京10区、福岡6区の衆議院補欠選挙の結果を見て「民進党がある限り二度と政権交代は起きない」とブログに書いた。

 蓮舫氏を代表に選んだ民進党の国会議員、地方議員、党員・サポーターが何を考えているのかフーテンは理解できなかった。舌鋒鋭く政権与党に迫る彼女が大衆受けする政治家であることは否定しない。しかしそれが政治家の資質の全てであるわけではない。

 民主党政権時代に国会で舌鋒鋭く閣僚に迫ったのは野党自民党の稲田朋美衆議院議員だった。おそらく自民党支持者の多くはそれを見て留飲を下げたに違いない。しかしそれだけのことでフーテンは稲田氏に政治家としての資質を感じたことはなかった。

 攻める姿を見せることと政治家として優れていることは別物である。ところが自民党が与党に返り咲いた後、安倍総理が稲田氏を次々要職に就けるのを見てフーテンは不思議だった。将来の総理候補とまで言ったから安倍総理の見る目のなさは天下一品である。

 蓮舫氏も同様である。民進党の国会議員、地方議員、党員・サポーターは将来の総理候補と考えたのだろうが、こちらも見る目のなさは天下一品で、その気になった本人に対しても何をかいわんやという気がする。

 冷静な判断を下せていれば間違いなく蓮舫東京都知事が誕生していた。小池百合子氏は蓮舫人気を前に立候補できなかった。落ち目の民進党は東京都を拠点に東京オリンピックや豊洲市場問題で国民にアピールし反転攻勢が可能だった。

 その判断ができなかったところに政治の資質のなさがある。こういう言い方は失礼だが知事職は青島幸男氏でも横山ノック氏でも東国原英夫氏でも務まった。しかし総理になるにはそれだけでは足りない。蓮舫氏はヒラリー・クリントンを自らに重ね合わせたが、レベルが違い過ぎてとんでもない冗談だと思った。

 米国では舌鋒鋭く相手を追い詰める政治家が評価されることはない。むしろ大衆を扇動するポピュリストと思われ評価を下げる。最近ではトランプというポピュリストが大統領に選ばれたが、それは米国が落ち目になった証拠で以前の米国ならポピュリストは評価されない。

 ところが日本は昔から舌鋒鋭い政治家が評価される。おそらく「万年与党」と「万年野党」の時代が長く、政権を奪取するより相手を攻めて国民の留飲を下げるのが野党だと勘違いされてきたせいである。政権交代可能な選挙制度になってもまだ国民も政治家もそれが抜け切れていない。

 政治家の資質は国民の声を聴いて国の進路をしっかり考えることである。そして自分の考えを実現するために権力を握る。権力を握らなければ何もできないのだから、権力を握るためにはどんな妥協もどんな策略も厭わない。それが政治家である。奴隷解放を成し遂げたリンカーンなど見事に妥協と策略の政治家だった。

 それでは前原氏と枝野氏による討論会はどうであったか。両者の主張はすでに報道されているのであまり繰り返さないが、立候補した理由を枝野氏は「安倍政権の情報隠蔽体質に対する怒り」と言い、前原氏は「政権の受け皿を作ること」だと言った。枝野氏は「権力批判」で前原氏は「権力奪取」である。つまり枝野氏は蓮舫型で前原氏はアンチ蓮舫型だ。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2017年8月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事5本)

2017年8月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」2月25日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    JR渋谷駅で移設工事 埼京線・湘南新宿ラインが「近くなる」 利便性が大幅向上へ 小林拓矢2/24(月) 6:30
  2. 2
    ダイヤモンド・プリンセス米乗客「我々は日本のモルモット」危ぶまれる東京五輪 ロンドンが代替開催名乗り 木村正人2/24(月) 11:30
  3. 3
    新型コロナでひろがる出勤停止  知っておきたい「休業時の生活保障」の知識 今野晴貴2/23(日) 8:22
  4. 4
    中国路線、ANA・JALで現在飛んでいる路線はどこ?運休影響で貨物スペースが足りず貨物機臨時便を運航 鳥海高太朗2/24(月) 9:31
  5. 5
    子育て中の不倫…その先に、人生の選択を問う映画「Red」 なかのかおり2/22(土) 16:02
  6. 6
    新型コロナウイルス感染拡大防止に有効な「病院船」。なぜ日本はつくらないのか? 山田順2/24(月) 16:56
  7. 7
    「王室という商標は海外では誰でも使える」メーガン・マークルがエリザベス英女王に放った“最後っ屁” 木村正人2/23(日) 12:00
  8. 8
    なぜ?PCR検査実施の保健所は土日祝の連休に休んでいるのか? 神田敏晶2/24(月) 11:11
  9. 9
    マスク不足は解消するか:マスクは今週1億枚を供給、来月には6億枚体制へ=官房長官 碓井真史2/21(金) 16:29
  10. 10
    新型コロナウイルスの経済危機に備えるー宿泊・飲食サービス業従事者の危機を乗り越えるためにー 藤田孝典2/23(日) 18:58