角栄と真逆の慎太郎会見は武士(もののふ)の恥

フーテン老人世直し録(287)

弥生某日

石原慎太郎元東京都知事は3日に日本記者クラブで記者会見を開き、冒頭「田中角栄さんが脳梗塞に倒れられた後、ロッキード裁判という全くインチキな冤罪を憤懣やるかたなく一言もしゃべらずに亡くなられた心境は思えば思うほど痛ましい気がする。自分は死ぬまで黙っているつもりはないし、黒白をつけるため会見を開いた」と語った。

ところが会見内容は、黒白をつけるどころか都知事としての責任から逃げようとするだけで取材陣の疑問に答えず、責任は小池東京都知事をはじめ他人にあるかのごとき説明に終始した。これは田中角栄とは真逆の人間であることを物語る。そして政治家として角栄氏は一つの極を形成したが、慎太郎氏はただの「お騒がせ屋」に過ぎないことを証明した。

この程度の人間にお追従を言い持ち上げてきた政治家は不明を愧じ、「武士(もののふ)」としての生きざまと作法を教えてやるべきである。角栄氏はロッキード事件という「でっち上げ」で致命的な打撃を受けながら、検察やマスコミを批判するのではなく、司法と政治の場で死力を尽くして最後まで戦った。

フーテンは縁あって検察記者としてロッキード事件を取材し、その後政治記者となって田中角栄氏に密着し、また知事になる前の石原慎太郎氏も何度か取材したことがある。そして冷戦崩壊直後からアメリカ政治を取材したことで日米政治構造の中での2人を立体的に見ることが出来た。

石原慎太郎氏の著書『天才』(幻冬舎)は、田中角栄氏の一人語りの体裁をとりその人生を描いたが、肝心のロッキード事件には「大ウソ」がある。アメリカの謀略で逮捕されたかの如くに書かれているが、田中を逮捕させたのは三木武夫元総理の謀略であり、アメリカの謀略ではない。

今でこそ慎太郎氏は「三木武夫という愚かな政治家が居た」と書いているが、その頃は三木の親衛隊長を務め「反田中」の急先鋒であった。田中の「日中国交正常化」に反対して中川一郎、渡辺美智雄らを担ぎ政策集団「青嵐会」を結成したが、石原幹事長の下で裏方を務めたのが豊洲移転問題のキーマンである浜渦武生元東京都副知事である。ハマコーこと浜田幸一氏は事務局長を務めた。

フーテンが初めて石原慎太郎衆議院議員を取材したのは1983年1月、ロッキード事件の一審判決が秋に予定されていたことから自民党の50人以上の政治家に「田中角栄とは何か」をインタビューした中の一人だった。「バルザックの人間喜劇だな」というのが答えで、ずいぶん上から目線で傲慢な答え方だという印象を受けた。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2017年3月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事8本)

2017年3月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」12月17日(火)19時~21時 場所:東京都大田区上池台1-21-5スナック「兎」(03-3727-2806) 東急池上線長原駅から徒歩5分■参加費:1500円 ■申込先:agoto@K6.dion.ne.jpに住所氏名明記で

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ