10代の若者が参加する初の選挙を民主主義の原理を守る選挙にすべし

フーテン老人世直し録(230)

水無月某日

来月投票の参議院選挙に向けて政治の世界は走り出しているが、これは政権交代のかかる衆議院選挙ではない。仮に与党の候補者が全員落選しても政権交代にはならない選挙である。

ところが2014年の衆議院選挙で消費増税の先送りを期限付きで公約した安倍総理が、再び期限を延長するのに公約破棄の責任を取らず、参議院選挙で「信を問う」と発言したため、民主主義の原理を狂わせるおかしな選挙戦が展開されようとしている。

選挙権年齢が18歳に引き下げられた最初の選挙で、民主主義の原理をおかしくする選挙をやるのは問題である。次代を担う若者たちの教育にならないと思うので、参議院選挙とは何かを公示前に確認する必要がある。

冒頭で書いたように参議院選挙は与党候補者が全員落選しても政権交代にならない。したがって選挙結果がどうでも安倍政権の政策ががらりと変わることはない。ただ与党が改選議席の過半数を割ることになれば国民が与党の政策を支持していないことの証明になる。

与党は引き続き政権を維持するが、自分たちの政策の何がいけないのかを反省し、政策の修正を行わなければならなくなる。そこに参議院選挙の意味がある。つまりアメリカでいえば4年ごとに行われる大統領選挙の中間で必ず行われる議会選挙に似ている。

中間選挙で米国民が判断材料にするのは、それまで2年間の大統領の実績である。それに満足であれば大統領の政党を勝たせて政権基盤を強化する。不満であれば野党に投票して政権基盤を弱め反省を促す。大統領はその国民の声を受けてその後2年間の政策に反映させる。これが民主主義にかなうやり方だと思う。

従って10代の若者たちが初めて参加する今回の参議院選挙は、2014年の衆議院選挙以降の安倍政治に対する中間評価が目的の選挙になる。2014年の選挙に参加していなかった若者にはそれ以前からの安倍政治を評価するチャンスと捉えても良いと思う。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2016年6月サンプル記事

田中良紹

価格

540(記事7本)

2016年6月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」9月24日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分(案内 → https://goo.gl/6RvH93 )■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ