「核廃絶」は祈りで具体的政治課題でないというのか

フーテン老人世直し録(96)

葉月某日

自民党の土屋正忠衆議院議員が集団的自衛権に言及した長崎市長の「平和宣言」をブログで批判した。

ブログには「長崎市長は歴史的体験を踏まえた核廃絶について語るから権威があるのだ。集団的自衛権云々という具体的政治課題に言及すれば権威が下がる」とあり、「核廃絶の祈りではなく、平和を維持するための政治的選択を語りたいなら長崎市長を辞職して国政に出ることだ」と結論付けている。

このブログから読み取れることは、まず「核廃絶」は祈りであり、具体的政治課題ではないと土屋氏が考えていることである。次に具体的政治課題ではないから「核廃絶」を主張することに権威があると考える。そして具体的政治課題に言及したければ長崎市長という権威ある職を辞して、自分のように権威のない国会議員になるべきと主張しているのである。

ここにフーテンは戦後の日本人の「戦争と平和」に対する典型的な思考を見る。つまり「核廃絶」は祈りであり、決して現実の具体的政治課題とは考えない。そして祈りには「権威」を与え、誰も異を唱えられなくはするが、しかしそれは神棚に祭り上げられて現実政治と切り離され、現実政治はその祈りとまともに向き合わないのである。

この記事は有料です。
「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

「田中良紹のフーテン老人世直し録」のバックナンバー2014年8月サンプル記事

田中良紹

価格

550(記事6本)

2014年8月号の有料記事一覧

すべて見る

「フーテン老人は定職を持たず、組織に縛られない自由人。しかし社会の裏表を取材した長い経験があります。世の中には支配する者とされる者とがおり、支配の手段は情報操作による世論誘導です。権力を取材すればするほどメディアは情報操作に操られ、メディアには日々洗脳情報が流れます。その嘘を見抜いてみんなでこの国を学び直す。そこから世直しが始まる。それがフーテン老人の願いで、これはその実録ドキュメントです」

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1969年TBS入社。ドキュメンタリー・ディレクターや放送記者としてロッキード事件、田中角栄、日米摩擦などを取材。89年 米国の政治専門テレビC-SPANの配給権を取得。日本に米議会情報を紹介しながら国会の映像公開を提案。98年CS放送で「国会TV」を開局。07年退職し現在はブログ執筆と政治塾を主宰■「田中塾のお知らせ」1月28日(火)19時~21時 ■場所:KoNA水道橋会議室東京都千代田区神田三崎町2-9-5 水道橋TJビル202 JR水道橋駅東口 徒歩2分■参加費:1500円 ■申込先:http://bit.ly/129Kwbp

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ