ウイング考。見てみたいのは、伊東純也(右)とマテウス(左)の両ウイング

(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

 10年前の日本サッカーには、サイド攻撃という概念が無いに等しかった。サイドバック(SB)の前方に、2人目のサイドアタッカーが存在しなかったので、サイド攻撃と言えば概ね、SBが単騎で攻め上がる状態を意味していた。

 長躯駆け上がった状態でクロスボールを上げれば、精度が鈍るのは当然。だが、世間はそんな事情にお構いなくSBに厳しい目を向けた。精度不足を必要以上に追及。攻め上がったその裏を、相手に突かれた場合も同様に追及した。叩かれる対象は、サイドに人員を1人しか配備しない選択をした監督ではなく、SB個人だった。SBの平均的なポジションが低くなるのは当然の帰結になる。それがそのまま、サッカーの近代化の足枷になっていた。

 サイド攻撃軽視型の中盤至上主義が延々と続いた。ピッチの主役は真ん中で構える中盤選手で、サイドは端役。こうした概念でサッカーは捉えられていた。監督が採用する布陣に、それは端的に現れていた。SBの前方にウイング的な選手を置く4-3-3や4-2-3-1で臨んだW杯は、2010年南ア大会が最初だった。世界の平均的な姿から、日本は約10年遅れていた。

 布陣で言うなら、4-2-2-2や3-4-1-2が幅を利かせていた時代だ。SBではないサイドアタッカー=SBの前方で構えるウイングの特性に適した選手は育ってこなかった。

 日本代表監督として初めて4-2-3-1を採用したのはイビチャ・オシムだが、その3の両サイドを務めていたのは、中盤タイプの遠藤保仁や中村俊輔だった。布陣の特徴に適した駒を並べることができずにいた。久保建英、伊東純也、堂安律、原口元気、乾貴士、中島翔哉などといったドリブル得意なサイドアタッカーは当時、いないに等しかった。

 それから10年。サイドをドリブルで切り崩すウイング系の選手は目白押しだ。4-2-3-1や4-3-3に適した駒を配備することが可能になっている。隔世の感とはこのことだ。時代の変化を、最も実感できる箇所になる。

 だが、一口にウイング系と言ってもタイプは微妙に違う。スピード自慢もいれば、技自慢、ドリブル自慢もいる。左利きの右ウイングもいれば、右利きの左ウイングもいる。右利きの右ウイングもいれば、左利きの左ウイングもいる。

 Jリーグ及び日本代表でプレーするウインガーを、下記のように整理してみた。

●右ウイング

【右利き】相馬勇紀(※)、仲川輝人(横浜FM)、郷家友太(神戸)、金子翔太(清水)、伊東純也(ヘンク)

【左利き】家長昭博(川崎)、坂元達裕(C大阪)、マテウス、前田直輝(以上名古屋)、マルティノス(浦和)、ジャーメイン良(仙台)、久保建英(※)、堂安律(ビーレフェルト)

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2020年10月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2020年10月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    宣言したら裏切者…はおかしい! プロ野球のFAに「宣言」は必要なのか?上原浩治12/3(木) 11:11
  2. 2
    2019年のオールスター選手や打点製造機も。日本球界入りも可能なメジャー球団から放出された大物外野手三尾圭12/4(金) 12:16
  3. 3
    大怪我による1年の療養から復帰するジョッキーが妻に誓うこととは……平松さとし12/4(金) 5:00
  4. 4
    中国人選手の危険なタックルは許されるのか?マラドーナが足を折られた時代小宮良之12/4(金) 11:30
  5. 5
    「規定投球回未満で最多勝」は石川柊太が3人目。「最多勝3人」と「チームメイトが最多勝」はともに4度目宇根夏樹12/4(金) 12:04
  6. 6
    大谷に朗報。エンゼルスが『シンバ』の代役として獲得したのは今季の『裏首位打者』三尾圭12/4(金) 17:56
  7. 7
    巨人・阿部慎之助2軍監督を支えるヘッドコーチに韓国の元監督 Gコーチ当時の愛弟子が語った思い出室井昌也12/4(金) 7:30
  8. 8
    レアルはジダンを解任するのか?「127億円」減のクラブの懐事情と挙がるポチェッティーノの名。森田泰史12/4(金) 7:30
  9. 9
    エンジェルスは遊撃をグレードアップせず!? 名手の後任に獲得したのは…宇根夏樹12/4(金) 15:52
  10. 10
    「イブラと世界が知るミラン」復活へ? 10年ぶりセリエA優勝が可能な5つの理由中村大晃12/4(金) 11:11