サッカーの競技性向上に一役買う第三者の視点とは

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦 リバプール対バイエルン(写真:ロイター/アフロ)

 これまで幾度も述べてきたことだが、サッカーは常に右肩上がりを続けるスポーツだ。競技のレベルは、いまがいつでも一番高い。そのことを実感させられるのがチャンピオンズリーグ(CL)だ。ほぼ毎シーズン最高値を更新する試合に出くわすことができる。

 その可能性は決勝トーナメントに入ると一気に上昇する。決勝トーナメント1回戦の第2戦を間もなく迎える今季も例外ではない。たとえば、そのリバプール対バイエルンの第1戦などは今季イチ、すなわち過去最高と言いたくなる惚れ惚れとする戦いだった。

 高い位置から網を掛けるようにボールと相手を組織的に追い込もうとするバイエルン。かつてなら引っかかっていたであろう難所を次々とかいくぐり陣を回復していくリバプール。もちろん、攻守が入れ替わった場合でも、同じ現象が起きるのだが、これは選手のテクニックが上昇したことを示すシーンだと言える。と同時にその要因が、高い位置からのプレッシャー、すなわちプレッシングにあることも一目瞭然となる。

 プレッシングの値が上昇するほど競技力は向上する。サッカーはプレッシングと共に競技のレベルを上げてきた。80年代後半のイタリアがそのスタート地点になるが、その提唱者であるアリゴ・サッキに尋ねれば、それは「“トータルフットボール”の延長線上にあるものだ」と述べた。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2019年2月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2019年2月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    世紀の再戦は文句なしの圧勝 フューリーがワイルダーをKOで下し新王者へ 木村悠2/24(月) 7:00
  2. 2
    あれ、ギータは?手締めに柳田悠岐が不在だったけど、ホークスがキャンプ練習を打ち上げ 田尻耕太郎2/24(月) 13:47
  3. 3
    昨年はMLBでチームメイトだった3人が、今年はNPBでプレーする 宇根夏樹2/24(月) 14:27
  4. 4
    スーパー銭湯アイドル純烈のリーダーと競馬との不思議な縁 平松さとし2/24(月) 6:30
  5. 5
    久保建英が突き進む「世界最高峰への道」。ブラジル代表ロドリゴとは違う選択 小宮良之2/24(月) 11:30
  6. 6
    カイリー・アービングが右肩のケガで今季絶望。 林壮一2/24(月) 0:01
  7. 7
    Kリーグが新型コロナの影響で「開幕節全試合延期」を発表。ACLホームゲームも「無観客を勧告」。 吉崎エイジーニョ2/24(月) 15:36
  8. 8
    今オフの「年俸調停」は球団側の7勝5敗。シルバースラッガー&ゴールドグラブの捕手は通算0勝2敗 宇根夏樹2/24(月) 9:27
  9. 9
    二足のワラジで夢追う独立リーグ・福島レッドホープス岩村明憲代表取締役社長兼監督の衰えぬ情熱。 一村順子2/24(月) 11:35
  10. 10
    「宮崎ダービー」。オープン戦九州上陸。いよいよ始まるサバイバルゲーム 阿佐智2/24(月) 8:00