ロシアW杯回想。ベルギー戦のスタメンを見てがっかりした理由

ベルギー戦を戦ったスタメンの11人(写真:ロイター/アフロ)

 ロシアW杯が閉幕して2週間が経過した。日本では代表の新監督に森保一氏が就任。さっさと次に向かおうとしているが、個人的にはその流れに乗る気がしない。レビューし尽くしてからにしたい。というわけで、いま一度、しぶとくロシアW杯を振り返って見たい。

 今回は日本代表編。タラレバ話になるが、今大会はチャンスだった。グループリーグでドイツが消え、決勝トーナメント1回戦でスペインが消え、そして準々決勝でブラジルが敗れた。大会前に4強と言われたチームの中で、フランスを除く4チームが早期に敗退。群雄割拠の状態でトーナメントは進行した。

 けっして強そうではないイングランドが、3位決定戦でベルギーと対戦する姿を見ながら思ったものだ。日本も事が最高にうまく進んでいれば、この舞台に立てたかもしれない、と。グループリーグを首位通過していれば、決勝トーナメント1回戦の相手はイングランド。50対50とは言わないが、日本とイングランドの関係はせいぜい48対52で、逆転の目は大いにあった。

 現実の話をすれば、決勝トーナメント1回戦の相手はベルギーだった。2-0まで行きながら最後の最後でひっくり返されたあの一戦だ。試合直後に書いた原稿には、「考え得る最高の負け方」と記したが、冷静に振り返れば、悔いが残る試合であったことも事実だ。

 あの試合で西野監督は、メンバーを2人しか代えていない。延長に進めば4人目の交代が認められる。90分の試合の中で、3人目の交代選手を送り出さない手はなかった。時計はその分だけ進む。それに応じてロスタイムも伸びるが、相手の焦りは誘うことができる。最後のワンプレーで奪われた逆転弾は、なかった可能性がある。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2018年7月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2018年7月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ