ベテラン天国ニッポンの憂鬱

(写真:築田純/アフロスポーツ)

時代が動いていない。スポーツニュースの映像から流れるカズダンスを見てそう思った。微笑ましい光景ながら、高齢化著しい日本サッカー界の現実を見たような、複雑な気分に誘われた。

開幕戦当日と50歳の誕生日とが重なるカズに、当初からスポットは向けられていた。実際、テレビに映し出されるその姿は輝いて見えた。盛りをとうに過ぎた超ベテランながら、日本においてはスターだ。月ではなく太陽としてこの世界に君臨する。100%歓迎するわけにはいかない。

横浜Fマリノスからジュビロ磐田に移籍した中村俊輔も注目の的だった。

長年、暮らしたクラブを去り、新天地に居場所を求めようとするベテランの姿は、確かに興味深く見える。しかし38歳だ。ドラマ性は認めるが、メインストリームに存在する選手ではない。

川崎からFC東京に移籍を果たした大久保嘉人も、大物の移籍として話題を集めた。13年、14年、15年と3年連続で得点王に輝いているが、昨季は15ゴールでランクは4位タイ。日本代表復帰の目はもはやないに等しい34歳ーーと、言い放ちたくないのだが、これも日本の病状を物語る一件になる。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2017年3月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2017年3月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    「最強世代は“うぬぼれ世代”になってはいけない」リオ五輪・手倉森監督がU-23日本代表の課題を指摘 金明昱1/24(金) 10:00
  2. 2
    WBA、IBF王者ウィリアムズが地元でKO負けの大波乱 混乱するSウェルター級、真の覇者は誰か 杉浦大介1/23(木) 12:30
  3. 3
    適切なタイミングは東京五輪後。最大の懸念は森保監督の手腕を評価する立場にある技術委員会の問題 中山淳1/24(金) 11:30
  4. 4
    2階級制覇王者のサバイバルマッチ、間も無くゴング 林壮一1/24(金) 0:01
  5. 5
    「サッカーを手段に」海を渡ったなでしこリーガー。スペイン女子リーグで戦う堂園彩乃の現在地 松原渓1/24(金) 7:00
  6. 6
    波乱なし! センバツ出場校決定!  選考過程を検証 森本栄浩1/24(金) 19:16
  7. 7
    ワールドシリーズ優勝メンバーの半数がFAに。パーラは読売、レンドーンはエンジェルスへ 宇根夏樹1/24(金) 15:50
  8. 8
    女子セリエAに挑戦したなでしこリーガー。國澤志乃が直面した2つの“人生初”と、激動の5カ月間 松原渓1/22(水) 7:00
  9. 9
    モータースポーツ映画としては異例!「フォードvsフェラーリ」が高い評価を受ける理由 辻野ヒロシ1/23(木) 17:20
  10. 10
    原発事故から9年 故郷を離れた福島の23歳BCリーガーと双葉郡を訪ねる 室井昌也1/24(金) 11:28