関東甲信は日曜日から広く雪が続くおそれ

首都圏の雪(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

上空の寒気の予想が日に日に強まる

上空の寒気予想(ウェザーマップ)
上空の寒気予想(ウェザーマップ)

本州付近は今後しばらく、真冬らしからぬ梅雨に入ったような天気が続く見込みですが、そんな中、上空に寒気が流れ込む関東甲信地方では、日曜日頃から雪となる可能性が高まってきている状況です。

というのも上空に流れ込む寒気が日に日に強い予想に変わってきているからです。

関東甲信地方の平野部で少しでも雪となる可能性が出てくる寒気の目安は、上空1500メートル付近で0℃以下。さらに雪となる可能性が高まる目安が-3℃以下の寒気です。

これまでの予想よりも寒気の南下が早まり、土曜日の夜には0℃以下の線が関東南岸まで南下し、日曜日から月曜日にかけて-3℃以下の寒気が東京あたりまですっぽりと覆う予想となっています。この寒気の流れ込む場に降水域がかかれば、雨ではなく、雪が主体で降る計算となります。

関東甲信は日曜日から雪が降り出す?

日曜日から月曜日の天気分布予想(ウェザーマップ)
日曜日から月曜日の天気分布予想(ウェザーマップ)

ウェザーマップによる日曜日から月曜日の最新の天気分布予想では、日曜日の午前中から関東甲信地方で広くみぞれや雪が降り出し、その後、月曜日にかけて、降水域のかかりやすい関東南部や甲信地方を中心に雪が続く見込みです。

なお、このような状態が火曜日頃にかけても続く予報です。

関東甲信地方で積雪が増える心配も?

週間予報(ウェザーマップ)
週間予報(ウェザーマップ)

ウェザーマップの週間予報では、日曜日から火曜日頃にかけて、関東甲信地方の広い範囲で、雨ではなく、雪が主体で降る予想となっています。

さらに最低気温に注目すると、東京都心は0℃、内陸では氷点下の予想です。

これは予想通りに気温が下がれば、東京都心から内陸にかけての広い範囲で積雪となる可能性も考えられるという予想でもあります。

まだ降水のピークがいつになるのか?判断は難しいところではありますが、降水量が多い計算では、日曜日から火曜日頃にかけて、東京都心で30ミリから50ミリ以上の降水を予想するものも出ており、このような計算の通りになると、都心部でもある程度の積雪が見込まれる状態となります。

気象庁の予報でも雪マークが出現

週間予報(気象庁)
週間予報(気象庁)

気象庁の予報には、きのうまで雪マークはありませんでしたが、寒気の強まりを受けて、東京を含む各地に雪マークが出現しました。

とはいえ、長野を除いては雨か雪という予報で、まだ雨が主体で降る予想となっていますが、上空の寒気の強まりがこのままならば、雪が主体の予想に変わってくる可能性が高いものと思われます。

関東の降雪予報は非常に難しく、今後も降雪の予想が変わる可能性もありますが、最悪は日曜日から3日間から4日間ほど雪が続く可能性もありますので、最新の予報にご注意下さい。