台風18号は先島諸島直撃コースへ。その後3連休に西日本へ影響する恐れも。

台風18号と熱帯低気圧の雲(ひまわり8号より)

先島諸島は最大瞬間風速70メートルの恐れ

台風18号予報円(12日午前3時現在、ウェザーマップより)
台風18号予報円(12日午前3時現在、ウェザーマップより)

最新の台風情報(気象庁)

強い台風18号は発達しながら日本の南海上を西北西へ進んでいます。

この台風は発生当初から沖縄付近に張り出している太平洋高気圧の南端を西進し、台湾から中国大陸へ向かう可能性が大きかったのですが、ここにきて太平洋高気圧の勢力がやや衰える兆候があり、新しい予報円に変わる毎に少しずつ北寄りの進路に変わってきている状況です。

きょう午前3時に発表された最新の予報円によると、台風18号は最大瞬間風速60~70メートルの非常に強い勢力に発達しながら、あす13日(水)の午後にも先島諸島付近へ達する予想です。

予報円の真ん中を進むとあす夕方頃に石垣島や西表島を直撃するかもしれません。

あすは石垣島などで最大瞬間風速70メートルが予想されています。

これは電柱や街灯などが倒れ、ブロック塀が倒壊してしまうような猛烈な風です。

さらに予報円の東側を進むと宮古島へ近付く恐れもあります。

いずれにしても先島諸島は今夜から風が強まり、あすからあさって前半にかけて、猛烈な風や猛烈なしけを伴う大荒れの天気となりそうです。

暴風や高波の他、大雨や高潮などにも厳重な警戒が必要です。

3連休に西日本へ影響する恐れも

台風18号予報円(12日午前3時、ウェザーマップより)
台風18号予報円(12日午前3時、ウェザーマップより)

台風18号は先島諸島付近を通過したあと、東シナ海から中国大陸を指向する予想です。しかしその後は東寄りに進路を変えて進み、17日(日)午前3時の台風中心の予想位置は再び東シナ海となっています。

ただこのあたりの進路はまだかなり不確実で、17日の予報円の直径は約1000キロと非常に大きくなっています。

仮に中国大陸へ上陸せずに東シナ海で転向し、九州へ近付いてくるような場合は3連休の天気に大きく影響してくる可能性もあります。

沖縄はもちろん、西日本でも今後の台風情報にご注意下さい。