リニア中央新幹線で狙い目は本当に橋本駅か? 実は今、注目したい駅がある

JR東日本横浜線・相模線が利用でき、京王相模原線とも連絡する橋本駅。その将来は?(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 2027年開業予定のリニア中央新幹線。開業すれば、品川・名古屋間がわずか45分で結ばれる計画という。東海道新幹線と並ぶ新たな大動脈として、期待値は高い。

 そのリニア中央新幹線で、大きく変わると目されているのが神奈川県の橋本駅周辺。近くで、リニア中央新幹線の新駅・神奈川県駅(仮称)が誕生する予定になっているからだ。

 今はまだ、都心から離れた不便な駅というイメージがあるが、リニア中央新幹線が開通すれば、品川駅までひと駅。10分程度の所要時間になる見通しという。品川駅まで10分といえば、JR京浜東北線でいえば大田区の蒲田駅あたり。神奈川県の橋本駅が、そんなに便利な場所になるのなら、今のうちにマイホームを買っておこう。そう考える人が多いので、橋本駅周辺の人気が高まっているわけだ。

 「リニア中央新幹線で、橋本駅周辺が化ける」と考えられる背景には、似たような立地条件となる新横浜駅の繁栄がありそうだ。

 東海道新幹線の停車駅・新横浜駅周辺にはオフィスビルが並び、マンションの価格は大幅に上昇している。同様に活気づくならば、リニア中央新幹線が開通する前に買っておこう、と橋本駅周辺の人気が高まるのも無理はない。

 この「読み」に落とし穴はないだろうか。新横浜駅の状況を40年以上前から実地に見て知っている私の目から検証し、むしろこちらが狙い目では、と思える駅についても解説したい。

現在、花形駅になっている新横浜だが……

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年1月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。