コンドーム、メイドイン、ジャパン

かつて岡本巳之助は、遊郭にコンドームを持って行くたびに、国産コンドーム品質の悪さを遊女から聞かされた。その経験から岡本巳之助は世界一のゴム職人になり、世界一のコンドームを生産すると心に決めた。岡本巳之助が十八歳のころだ。そののち、オカモトは願望通り世界一品質のコンドームメーカーとなり「メイド・イン・ジャパン」の名声に寄与した。

サガミ(相模ゴム工業)とならんで、日本品質の恩恵を受けているひとたちは全世界にいる。私たちはモノづくりというと、つい自動車や電機を思い浮かべてしまうけれど、それだけではない。さまざまな日本メーカーが日本品質を武器に活躍している。ユニクロも、生産地が日本ではないものの、日本流のきめこまやかな生産品質が同社の魅力だ。

同じくいまアダルトグッズの領域で、TENGAは大人気だし、USBオナホールなど、他国の追随を許さない(笑)商品が続々と発売されている。

アダルトグッズの利益

ところで、これらアダルトグッズの利益はいかほどだろうか?

儲かる商売は「エロ」「コンプレックス」「美容」といわれる。これらの商売は需要が大きく、商売するにはもってこいというわけだ。実際のところはどうだろうか。

オカモトの最新(平成26年4月1日-平成27年3月31日)決算によるとコンドームを含む生活用品カテゴリーの売上高は328億7800万円にたいし、利益は28億9900万円だった。率にすると、8.8%だ。もちろん、モノづくりにおいて8%強もの利益を叩きだすのは容易ではない。たぐいまれなる優良メーカーであるには違いない。

ただし、あえて単純にあてはめると、600円のコンドームの利益は53円なわけで、コンドームの薄さほどは薄利でないものの、思われているほどの大儲けではない(本来は出荷価格と販売価格は異なるが、ここでは簡略化している)。

TENGAの利益率

ところで、TENGAはどうか。販売している株式会社典雅は27億円ほどの年間売上高があり、利益は2億6千万円強と推測される。正確に計算すれば、利益率は9.8%ていどだ。

これも個人的には、もっと儲けていると思っていたので、やや驚いた。

これまた、あえて単純にあてはめると500円のTENGA ディープスロート・カップの利益額は50円にすぎない(本来は出荷価格と販売価格は異なるが、ここではおなじく簡略化している)。

アダルトグッズ販売企業の上位社をいくつか調査してみたが、利益率でいうと5%ていどだ。良い企業も10%くらいの水準だ。少なくとも私が見た範囲では、アダルトグッズ販売業者たちは、善良な供給者というべきだった。

ということは、企業は暴利を貪るというよりも、安価な価格で私たちにアダルトグッズを提供してくれているといえるのか。望むのは、これら「陰の日本モノづくり企業」にスポットライトがもっとあたることだ。

ありがとう、オカモト、典雅、テックアーツ、トイズハート……(以下、自己規制)。