逆転したソウルと東京の感染状況 アラート解除の東京に対してソウルは「厳戒態勢下」に!

韓国政府の「新型コロナ対策会議」(韓国中央災難対策本部HPより引用)

 韓国の中央防疫対策本部が13日午前10時に発表した統計によれば、昨日の韓国の新型コロナウイルスの新規感染者は49人。辛うじて50人を切っていた。

 韓国では6月に入って50人台は5日(51人)、6日(57人)、9日(50人)、11日(56人)とすでに4度も記録している。ちなみに50人以下が韓国防疫当局の規制や自粛要請の解除基準となっている。

 連日のことだが、昨日(12日)の新規感染者49人のうち44人までがソウルをはじめ京畿道、仁川など首都圏に集中していた。過去2週間だけをみると、全国の感染者533人のうち513人までが首都圏から出ていた。

 首都圏の中でも首都・ソウルが最も多く、首都圏の44人のうち、29人までがソウルの感染者だった。

 ソウル市はこの2週間で228人も増え、1千人を突破し、累計で1101人となった。およそ1か月前の5月12時点ではソウルの感染者数は全国感染者(1万2051人)の約16分の1程度だったが、今では約10分の1まで占めるようになってしまった。

(参考資料:感染者も死亡者も日本より少ないのに四苦八苦の韓国の感染状況

 ソウル市の6月に入ってからの20人台は2日(22人)、5日(23人)、6日(27人)、8日(22人)11日(24人)、12日(29人)と5回もあった。規制が解除された5月6日までの1週間は4人、9人、6人、13人、8人、3人、2人で推移していたことを考えると感染者が著しく急増していることがわかる。

 丁世均首相は昨日、ソウル市冠岳区の健康用品の訪問販売会社と陽川区の卓球場などで散発的な集団感染が発生していることや感染経路が分からないケースが相次いでいることから「状況が尋常ではない」との認識を示し、引き締めを図っていたが、ソウルと何かと比較される東京都は逆に11日にアラートを解除し、昨日(12日)から休業要請の緩和措置を「ステップ2」から「ステップ3」に移行し、制限付きながらもほぼ「通常生活」に戻りつつある。

(参考資料:東京とソウルはなぜ感染者数で4.5倍も差が開いたのだろうか?

 東京は感染者数では5473人とソウルの1101人に比べて約5倍も多いが、この1か月間(5月13日―6月12日)だけを比較すると、ソウルの393人に対して440人と、47人多いだけだ。さらに、直近の2週間(5月30日―6月12日)だけに絞ると、東京の累計が256人なのに対してソウルは228人と、東京が28人多いだけだ。

 また、東京の6月に入ってからの20人台の感染者も2日(34人)、4日(28人)、5日(20人)、6日(26人)、11日(22人)、12日(25人)とソウルよりも1日だけ多いだけだ。

 人口が約1千万人のソウルに対して東京が約1千395万人と4百万人ほど多いことを勘案すると、東京のほうがソウルよりも事態が好転していることがわかる。今後は、トンネルを抜け出す直前で後戻りしてしまったソウルの二の舞にならないように「ソウルの教訓」を生かすことが大事だ。

 また、死亡者を出ないようにすることが何よりも望まれる。

 死亡者はソウルの4人に対して東京は313人と比較にならないほど多い。約1か月前の5月11日の時点での死亡者は東京が180人、ソウルは2人だった。ソウルはこの間、2人しか死亡者が出なかったのに東京は133人も増えてしまった。昨日も80代の女性2人が死亡している。

 感染者が重症化しないよう早期発見、隔離、治療に全力を挙げてもらいたい。

(参考資料:韓国は新型コロナウイルスの「首都大流行」を警戒!

東京生まれ。明治学院大学英文科卒、新聞記者を経て1982年朝鮮問題専門誌「コリア・レポート」創刊。86年 評論家活動。98年ラジオ「アジアニュース」キャスター。03年 沖縄大学客員教授、海上保安庁政策アドバイザー(~15年3月)を歴任。外国人特派員協会、日本ペンクラブ会員。「もしも南北統一したら」(近著)をはじめ「表裏の朝鮮半島」「韓国人と上手につきあう法」「韓国経済ハンドブック」「北朝鮮100の新常識」「金正恩の北朝鮮と日本」「世界が一目置く日本人」「大統領を殺す国 韓国」「在日の涙」「北朝鮮と日本人」(アントニオ猪木との共著)「真赤な韓国」(武藤正敏元駐韓日本大使との共著)など著書25冊

有料ニュースの定期購読

「辺真一のマル秘レポート」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌ではなかなか語ることのできない日本を取り巻く国際情勢、特に日中、日露、日韓、日朝関係を軸とするアジア情勢、さらには朝鮮半島の動向に関する知られざる情報を提供し、かつ日本の安全、平和の観点から論じます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。