沖縄・奄美地方に続き、来週早々にも九州南部で梅雨入りか

沖縄付近の東西にのびる雲の帯(5月6日15時)

沖縄・奄美地方の梅雨入り

 令和3年(2021年)5月5日に、沖縄地方と鹿児島県奄美地方が梅雨入りをしました。

 沖縄地方では平年より5日早く、奄美地方では平年より7日早い梅雨入りです(表1)。

表1 令和3年(2021年)の梅雨入り
表1 令和3年(2021年)の梅雨入り

 ただ、沖縄・奄美地方より北で前線が停滞しがちであることから、沖縄・奄美地方は、梅雨入りしたとしても空梅雨気味です(図1)。

図1 予想天気図(5月7日9時の予想)
図1 予想天気図(5月7日9時の予想)

 また、気象庁が5月6日に発表した1ケ月予報によれば、沖縄・奄美地方の降水量は、ともに、少ない可能性が40パーセント、並みの可能性が40パーセントと、降水が多い可能性は20パーセントしかありません(表2)。

表2 1ケ月予報(5月6日気象庁発表)
表2 1ケ月予報(5月6日気象庁発表)

 つまり、沖縄・奄美地方は空梅雨気味という予報になっています。

 九州南部で降水量が多い可能性が50パーセントあるのとは大きな差です。

九州南部の梅雨入り

 ウェザーマップの鹿児島の16日先までの天気予報では、5月10日以降、13日間連続で傘マーク(雨)です(図2)。

図2 鹿児島の16日先までの天気予報
図2 鹿児島の16日先までの天気予報

 しかも、降水の有無の信頼度が5段階で一番高いAや、2番目に高いBが多く含まれての傘マークです。

 傘マークのない8日は黒雲マーク(雨の降る可能性が高い曇り)で、降水の有無の信頼度は下から2番目に低いDです。

 さらに、9日もお日様マーク(晴れ)がありますが、黒雲マークもあり、降水の有無の信頼度は一番低いEです。

 この予報を見る限り、九州南部は来週早々にも梅雨入りしそうです。

 場合によっては、今週末に梅雨入りということもありえます。

 沖縄地方の梅雨入りから20日遅れた5月30日が九州南部の平年の梅雨入りです(図3)。

図3 九州南部の梅雨入り
図3 九州南部の梅雨入り

 ただ、九州南部で梅雨入りが一番早かったのは5月1日です。

 昭和31年(1956年)のことですが、この年は、沖縄地方が4月28日、奄美地方が4月30日と、梅雨入りが異常に早い年でした。

 令和3年(2021年)の九州南部の梅雨入りは、すでにこの記録は更新できませんが、それでも平年よりかなり早い梅雨入りになりそうです。

空梅雨が心配な沖縄

 那覇の16日先までの天気予報をみると、5月11日以降は、お日様マークと白雲マーク(雨の可能性が少ない曇り)の日が続きます(図4)。

図4 那覇の16日先までの天気予報
図4 那覇の16日先までの天気予報

 梅雨前線が北上して九州南部が早く梅雨入りをすると、九州南部での大雨災害が心配となりますが、同時に、沖縄では空梅雨となって夏場の水不足が心配となります。

 災害がおきるほどの雨は困りますが、適度な量の梅雨の雨は、沖縄の貴重な水資源になっています。

タイトル画像、図2、図4の出典:ウェザーマップ提供。

図1、表1の出典:気象庁ホームページ。

図3、表2の出典:気象庁ホームページをもとに著者作成。