ラジオの登場で変わった天気予報と激減した近海の海難

古いラジオ(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

ラジオ放送開始時から天気予報番組

 中央気象台(現在の気象庁)が天気予報を発表し始めたのは、明治17年(1884年)6月1日からですが、交番などの黒板といった限られた場所での掲示で、しかも、その掲示は発表後数時間から半日くらいも遅れていました。

 また、天気予報は官報や新聞の一隅に掲載されていましたが、1日遅れで、事実上は予報ではありませんでした。

 このため、天気予報は国民生活にはなかなか溶け込みませんでした。

 しかし、ラジオの登場で環境がガラリと変わります。

 日本でのラジオ放送は、大正14年(1925年)3月1日に東京放送局(JOAK,現在のNHK)で仮放送の電波が出されたのが最初です。

 そして、同年6月に大阪、7月に名古屋と次第にラジオ放送が広がっています。

 どの局もラジオ放送開始時から、番組にニュースとその地方の天気予報を入れていましたので、天気予報は発表後ただちに津々浦々にまで伝わり、国民生活に密着するようになってゆきました。

天気予報文漢文調から日常の話し言葉に

 天気予報がラジオの登場によって国民生活に密着しはじめると、天気予報のほうも変わり始めました。

 それまでの天気予報が、「進行中ナリ」とか「シツツアリ」といった、いわば漢文調の文章でしたが、「デス・マス」といった現在と同じ日常の話しことばの文体となったのも、その変化の一つです。

 気象庁に残されている中央気象台の印刷天気図によると、昭和3年(1928年)9月13日の概況文には書かれているものが、現在と同じ日常の話ことばの文体で書かれた最初です(図1)。

颱風ハ琉球沖縄島ノ西北約四十里程ノ海上ニ在リ、付近ノ海上ハ暴風雨デス…

(注)颱風は台風の昔の字体

図1 概況文が初めて「デス・マス」で書かれた時の天気図(昭和3年(1928年)9月13日6時)に台風の進路を加筆
図1 概況文が初めて「デス・マス」で書かれた時の天気図(昭和3年(1928年)9月13日6時)に台風の進路を加筆

 沖縄本島の真上を、中心気圧985ヘクトパスカル位の台風が通過して中国大陸に向かったときの話です。

 なお、図1にある2806は、のちに台風調査等のためにつけた整理番号で、現在で使われている台風番号ではありません

 昭和3年(1928年)の台風6号を意味するものではありません。

本格的な気象番組「気象通報」がスタート

 本格的な気象番組である「気象通報」がスタートしたのは、ラジオの全国ネットが完成した昭和3年(1928年)11月5日からです。

 この「気象通報」は、それまで各局別に行っていた「地方の天気予報」、「漁業気象」などに「全国天気概況」が加わったものです。

 少しずつ形が変わってきているものの現在まで続いている番組です。

 現在は、毎日、NHKラジオ第2放送で16時から放送されており、その番組名も「気象通報」のままです。

 なお、平成26年3月30日までは9時10分(6時発表分)と22時(18時発表分)を含めて1日3回放送されていました。

 インターネット等の普及により、天気図の入手が容易となったことによりラジオのリスナーが減ったための削減ですが、根強い需要があるため、廃止には至っていません。

 例えば、登山家にとっては、山の上での究極の情報入手手段としてラジオが重要であり、高校総体の登山競技では、ラジオの気象通報を聞いての天気図作成は競技の審査項目となっています。

 なお、気象庁のホームページには、放送を聞き逃したひとのために、一週間分の「気象通報」の放送原稿の掲載ページがあります。

 掲載ページのタイトルは、「各地の観測値と低気圧や前線の位置」です。

「気象通報」の効果

 気象通報の効果は抜群で、中央気象台の大谷東平氏の昭和9年(1934年)の調査である「海難による日本船の損傷率」に、如実に現われています(図2)。

図2 船舶の損傷率の変化
図2 船舶の損傷率の変化

 船の行動半径が次第に増大するにつれ、海難で損傷する船の割合が増加していましたが、昭和4年から急激に減少しています。

 この原因は、古い船が減り新しい船が増えたといった船の質の向上や、乗組員の技術の向上などいろいろな要因に、気象通報の効果が重なったためと考えられています。

アナウンサーの技術を磨いてきた「気象通報」

 「気象通報」は、コンピュータによって自動作成された原稿を、コンピュータによる音声合成で放送されていますが、私が予報官をしていた20年以上前は、気象通報担当となった予報官が放送原稿を書き、NHKにFAXで送っていました。

 そして、その原稿をNHKのアナウンサーが読み上げて放送していました。

 その頃、NHKの幹部の方から、「気象通報」は、新人アナウンサーの技術を磨くのに最適の番組という話を聞きました。

 放送原稿を正確に読み上げないと人命にかかわります。

 台風などが接近し、情報量が非常に多い時でも、必ず、20分間という決まった時間内に、しかも聞きやすいように読み上げる必要があるからです。

 そのような話を聞いてから、注意して放送をモニターしていると、「ベテランアナウンサーは、さすがに早く喋っても聴きやすい」と感じたことがあります。

図1、図2の出典:饒村曜(1986)、台風物語、日本気象協会。