台風18号 夏台風のような経路で西日本へ

台風18号の雲(9月30日6時)

夏台風のようなコース

 強い台風18号が発達しながら北上中で、9月30日の夕方には沖縄県先島諸島を通過し、東シナ海に入る見込みです(図1)。

図1 台風18号の進路予報(9月30日3時)
図1 台風18号の進路予報(9月30日3時)

 台風の進路予報は、最新のものをお使いください。

 先島諸島の与那国島地方では、暴風域に入る確率は100パーセントで、時刻別では、30日の夜のはじめ頃(18時~21時)が一番高くなっています(図2)。

図2 沖縄県・与那国島地方が暴風に入る確率
図2 沖縄県・与那国島地方が暴風に入る確率

 これは、台風18号が与那国島地方に最接近するのが、30日の夜のはじめ頃ということを示しています。

 秋になると、日本付近の上空に、ジェット気流と呼ばれる強い西風が南下してきますので、北上してきた台風は、北緯30度付近から東よりに向きを変ることが多くなります。

 秋台風は、夏台風のように東シナ海を北上することが少ないのですが、台風18号は、夏台風のように東シナ海を北上する予報です。

 図3は、筆者が以前調査した10月の台風の平均経路です。

図3 10月の台風の平均経路(数値は空間平均した存在数)
図3 10月の台風の平均経路(数値は空間平均した存在数)

 10月になると、東シナ海を北上する台風はほとんどなくなり、本州南岸を東進するようになります。

海面水温

 台風18号は、夏台風のように東シナ海を北上しますが、夏と違います。

 東シナ海北部の海面水温は低下し、台風が勢力を維持する目安とされる27度以下になっています。

 このため、台風18号は、先島諸島を通過した頃に比べると、少し衰弱してから西日本に接近します。

風と雨に注意

 強い台風18号により、沖縄県の先島諸島では、30日夜を中心に猛烈な風が吹き、海上は猛烈なしけとなるでしょう。

 また、台風18号は、南側に広い雨雲を伴っていますので、台風が北上して離れても、強い雨が続きます。

 土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。

 また、台風18号が接近する九州北部では、10月2日から3日にかけて風や雨が強まります(図4)。

図4 雨と風の分布予想(10月2日15時)
図4 雨と風の分布予想(10月2日15時)

 最新の気象情報や台風情報の入手に努め、警戒して下さい。

タイトル画像、図1、図4の出典:ウェザーマップ提供。

図2の出典:気象庁ホームページ。

図3の出典:饒村曜・宮沢清治(昭和55年(1980年))、台風に関する諸統計、研究時報、気象庁。