前線を伴った低気圧で東北北部も梅雨入り 西日本の梅雨入りは?

淀川河川敷からみる大阪(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロ)

東北北部で梅雨入り

 前線を伴った低気圧の通過で、北日本と北陸は大雨と暴風となり、6月15日に東北北部が梅雨入りをしました(図1、図2)。

図1 地上天気図(6月16日6時)
図1 地上天気図(6月16日6時)
図2 東北北部の雨と風の予報(6月16日15時)
図2 東北北部の雨と風の予報(6月16日15時)

 東北北部は、19日にかけて低気圧の影響で雨の降る日が多く、その後も気圧の谷や湿った空気の影響で曇る見込みで、平年より1日遅い梅雨入りでした。

 低気圧が発達したのは、上空に寒気が残っていたところに、久しぶりに暖気が南海上から流入したからです。

 このため、関東地方を中心に気温が上がり、東京では最高気温が30度以上の、真夏日になる予報です(図3)。

図3 東京の6月の最高気温と最低気温
図3 東京の6月の最高気温と最低気温

 これで、梅雨がないとされる北海道を除くと、梅雨入りをしていないのは、近畿・中国・四国・九州北部の西日本各地です(表1)。

表1 令和元年の梅雨入り
表1 令和元年の梅雨入り

西日本の梅雨入りは

 週明けは、移動性高気圧に覆われ、全国的に晴れますので、西日本の梅雨入りはなさそうです(図4)。

図4 予想天気図(6月17日21時の予想)
図4 予想天気図(6月17日21時の予想)

 雨や黒雲(雨の可能性がある曇)から推定すると、梅雨入りの可能性があるのは、四国(高知)では18日、九州北部(福岡)・四国・中国では19日で、過去の梅雨入りの遅い記録の更新が視野に入ってきます(図5)。

図5 各地の10日間予報
図5 各地の10日間予報

 西日本では、6月21日から24日に梅雨入りした場合、記録更新になります(表2)。

 また、昭和38年(1963年)に近畿と四国で梅雨入りが特定できませんでしたが、その再来があるかもしれません。

表2 西日本の遅い梅雨入り
表2 西日本の遅い梅雨入り

図1、図4、表1の出典:気象庁ホームページ。

図3、表2の出典:気象庁資料をもとに著者作成。

図2、図5の出典:ウェザーマップ提供。