令和ではなく「平成31年5月1日の天気」を予報

新元号 令和(写真:アフロ)

平成最後の日

 平成31年4月30日は、「平成31年」が終わる日です。「平成31年」の最後の日ですので、「大晦日」ともいえるでしょう。

 令和元年5月1日は、「令和元年」が始まる日です。「令和元年」が始まる最初の日ですので、「元日」ともいえるでしょう。

 自然現象は元号の変更とは関係なく推移しますので、年度途中の大晦日や元日についての自然現象の記述や予報は、あらかじめ取り決めをしておかないと混乱が生じます。

 気象庁では、気象庁ホームページにおける元号表記の取り扱いについて、平成31年4月19日に次のように決めています。

(1)平成31年に発表した気象・地震等に関する情報については、元号のみの修正は行わない。

 4月中に発表する5月1日以降を対象とする気象情報等の元号表記は「平成」を使う(図1)。

 5日1日0時(日本時間)以降に発表する気象情報等の元号表記は「令和」を使う。

図1 気象庁ホームページの元号表記例
図1 気象庁ホームページの元号表記例

(2)台風番号については、5月1日以降に発生した台風は「平成31年」からの続き番号とする。5月1日以前に発生した台風が 5月1日以降も存在する場合、その台風は消滅するまで「平成31年台風第○○号」と呼称する。

平成31年5月1日の天気

 ほぼ全国的な晴れで始まりそうなゴールデンウィーク前半ですが、平成の最後は全国的に雨の日になりそうです。

 そして、令和の最初の日、天気予報では、「平成31年5月1日の天気」は、沖縄地方を除くと、ほぼ全国的に晴れとなっています(図2)。

図2 平成最後と令和最初の天気
図2 平成最後と令和最初の天気

 沖縄の4月下旬は、雨の日が続くという予報ですので、平成最後の梅雨入りという可能性もあります。

 ちなみに、沖縄の梅雨入りの平年値は5月9日で、昭和55年(1980年)には、4月20日に梅雨入りしています。

台風発生はしばらくなさそう

 平成31年は、これまでに台風が2個発生しています。

 現在、日本の南海上は台風の卵となる熱帯低気圧はありませんし、熱帯低気圧が発生するのに必要な積乱雲も多くはありません(図3)。

図3 気象衛星「ひまわり」画像(平成31年4月21日7時)
図3 気象衛星「ひまわり」画像(平成31年4月21日7時)

 あと10日で台風が発生するとは考えにくく、平成31年で3番目の台風である「平成31年台風第3号」はなさそうです。

 つまり、平成31年の台風発生数は2個ということになります。

 そして、元号が令和に変わり、最初に発生した台風は「令和元年台風第3号」と命名され、「令和元年台風1号」と「令和元年台風2号」が欠番になります。

 台風の種々の統計は、平成31年と令和元年を合わせて、「2019年の台風」として行われますので、元号変更による急減はありません。

図1の出典:気象庁ホームページ。

図2、図3の出典:ウェザーマップ提供。