強い寒気南下 大気不安定は寒気の強さより上下の温度差

冬の日本海(ペイレスイメージズ/アフロ)

今冬一番の寒気

 北日本から東日本の広い範囲では、上空約5500メートル上空で、平年より5~8度低い、氷点下18度から氷点下21度以下という、今冬一番の寒気が南下しています(図1)。

図1 日本に南下している上空約5500メートルの寒気(2018年10月19日朝)
図1 日本に南下している上空約5500メートルの寒気(2018年10月19日朝)

 このため、朝を中心に冷え込み、10月19日朝の冷え込みでは、今季最低気温を記録したのは、気温を観測している全国927地点の約4分の1にあたる229地点もありました。

 上空に寒気が入ると、大気が不安定となって積乱雲が発達します。

 上空約5500メートル上空で氷点下18度から氷点下21度以下という寒気は、真冬に比べれば、強い寒気ではありませんが、下層がまだ暖かいときの寒気です。

 北陸沖から山陰沖の海面水温は21度以上もありますので、上下の温度差は40度を超えました(図2)。

図2 日別海面水温(2018年10月18日)
図2 日別海面水温(2018年10月18日)

 このため、大気が非常に不安定となって積乱雲が大きく発達し、各地で落雷や記録的な短時間大雨、竜巻などが発生しました。

記録的短時間大雨情報

10月18日7時10分 島根県・隠岐の島町付近で約100ミリ

10月19日10時0分 石川県・珠洲市付近で約100ミリ

竜巻注意情報(一部)

10月18日17時17分 鳥取県東部に「目撃情報あり」付きで発表。

10月18日17時27分 兵庫県北部に発表。

10月18日17時29分 岡山県全域に発表。

10月19日 0時52分 島根県隠岐に発表。

10月19日 5時26分 石川県能登に発表。

10月19日13時38分 富山県西部に発表。

10月19日14時26分 愛知県西部に発表。 

10月19日14時26分 岐阜県美濃に発表。

 季節が進み、地表面付近の温度が下がると、氷点下18度の寒気が入ったくらいでは大気が不安定にはなりません。

 今の季節で注目する温度は、上空約5500メートルで氷点下18度、あるいは氷点下21度ですが、真冬で注目するのはもっと低い温度、例えば、「氷点下36度(大雪の目安)」や「氷点下42度(豪雪の目安)」となります。

週末は大きな移動性高気圧に

 今冬一番の寒気が通過した後の週末は、大陸から大きな移動性高気圧がでてきます(図3)。

図3 予想天気図(左20日(土)9時、右21日(日)9時)
図3 予想天気図(左20日(土)9時、右21日(日)9時)

 このため、10月20日(土)は北陸や東北地方、関東の一部で雨が残るものの、翌21日(日)は、久しぶりに全国的な晴れとなります(図4)。

図4 10月21日(日)の天気予報
図4 10月21日(日)の天気予報

 しかし、それも束の間です。

 週の半ばには、本州の南岸に前線ができて再び雨となります(図5)。

図5 週間天気予報(気象庁発表)
図5 週間天気予報(気象庁発表)

図1の出典:ウェザーマップ提供。

図2、図3、図4、図5の出典:気象庁ホームページ。