早まっている東京の桜の満開 花見は新入社員の歓迎会から退職者の送別会へ

桜満開(ペイレスイメージズ/アフロ)

 地球温暖化により桜の満開が全国的に早まっています。特に東京は都市化の影響もあり、開花は全国のトップ争いをするようになり、3月中に満開の年が多くなっています。

東京の桜の満開

 今年、平成30年(2018年)の東京(靖国神社)の桜の満開は、3月24日と気象庁が統計をとりはじめた昭和28年(1953年)以降では、平成14年(2002年)の3月21日、平成25年(2013年)に次ぐ3番目の早さでの満開でした(表)。

表1 東京の桜の満開日(昭和28年(1953年)以降)
表1 東京の桜の満開日(昭和28年(1953年)以降)

 東京の桜が開花した3月17日以降、春分の日(3月21日)に寒気が南下して気温が低くなったほかは、気温が高い日が多く、開花から7日間で満開となりました。

図1 東京の気温変化(3月27日以降は予想)
図1 東京の気温変化(3月27日以降は予想)

 東京の桜の満開日の早いランキングの上位は、平成、それも二桁の平成が占めています。

 昭和の時代は、ほとんどが4月に入ってから満開になっていましたが、昭和の終わりごろから10年に2回は3月に満開となるようになり、平成の二桁になると、10年で6回、あるいは、8年で5回は3月に満開となっています。

表2 東京の桜の満開の年代別最早日と年代別回数
表2 東京の桜の満開の年代別最早日と年代別回数

 つまり、3月に満開となる年のほうが多くなっています。

 気象庁の平年値は30年間の平均をとっていますので、近年は、平年値よりも早く満開となっています。

桜のイベントは前倒し

 都内各地では、桜祭りを3月下旬から4月上旬に開催するところが多いのですが、桜の満開の時期が早くなると、主催者側は対応に苦慮することになります。

 東京周辺では、企業や大学等の花見は、新年度に入り、新入社員・新入生の歓迎会の意味合いがありました。3月30日から31日に満開ならば何とか開催できますが、3月の早い満開では桜が散ってしまいます。

 このままでは、新入社員・新入生の歓迎会から、退職者・卒業生の送別会に変わりそうです。

月替わりの週末の花見は

 今週の関東地方は、高気圧に覆われて晴れる日が多く、最高気温・最低気温ともに平年より高く、夏日(最高気温が25度以上)になる日もありそうです。

図2 東京地方の週間天気予報(気象庁ホームページより)
図2 東京地方の週間天気予報(気象庁ホームページより)

 このため、桜の開花が進んで散り始めることが考えられますが、桜を大きく散らせてしまう雨(花散らしの雨)はなく、なんとか、3月31日の週末までは花見ができそうです。

 しかし、新入社員や新入生を迎えて最初の週末、4月7日(土)8日(日)までには桜のシーズンは終わりそうです。

 3月31日は旧暦の2月15日、涅槃会(釈迦の遺徳追慕と報恩のための法要)ですので、夜桜と満月が同時に楽しめそうです。

図1、表1、表2の出典:気象庁ホームページのデータをもとに著者作成。

図2の出典:気象庁ホームページ。