明日の天気予報では、生活リズムに合わせて「朝の最低気温」と「日中の最高気温」を予報している

温度計(ペイレスイメージズ/アフロ)

東京の気温予報

 気象庁が10月12日発表した東京地方の明日の天気予報は、「北の風 後 北東の風 雨 朝晩曇 波0.5メートル 最低気温15度 最高気温17度」です。

 通常、最低気温は「日最低気温」、最高気温は「日最高気温」のことで、ともに日界は0時です。

 気象庁では、13日の最低気温を14度 最高気温を18度と考えているのですが、あえて、違えて発表しています。

 まれに起きることですが、これは、天気予報の発表時刻によって、対象とする時間帯が違うからです。

 明日の天気予報の場合、最低気温は「朝の最低気温(0時から9時までの最低気温)」、最高気温は「日中の最高気温(9時から18時の最高気温)」を発表しています。

 このため、「13日の最低気温は夕方の15時過ぎの14度、最高気温は日付が変わった0時過ぎの18度」であっても(図1)、朝の最低気温は15度、日中の最高気温は17度と発表したのです。

図1 東京の時系列予報(10月12日17時発表)
図1 東京の時系列予報(10月12日17時発表)

予報の種類で異なる最低気温と最高気温の期間

 ほとんどの日では、最低気温が観測されるのは朝方、最高気温が観測されるのは日中ですので、「日最低気温」と「朝の最低気温」、「日最高気温」と「日中の最高気温」は同じ値になりますが、10月13日の例のように、時には差が出ることがあります。

 最低気温や最高気温の統計値は「日最低気温」や「日最高気温」をつかいますが、明日の天気予報では、多くの人の生活リズムに合わせた情報ということで、「朝の最低気温」「日中の最高気温」をつかっています。

 また、明後日以降については、最新情報が利用できることから、週間天気予報では、最低気温や最高気温の統計値は「日最低気温」や「日最高気温」を使っています。

 なお、新聞等で掲載されている最高気温は「当日0時~15時」、最低気温は「前日21時~当日9時」を対象としていることが多いのは、新聞が読者に届くまでの時間差を考えてのことです。

時間とともに寒くなる10月13日の関東地方南部

 東京のような現象は、千葉や横浜など関東地方南部でもみられます(図2、図3)。

図2 横浜の時系列予報
図2 横浜の時系列予報
図3 千葉の時系列予報
図3 千葉の時系列予報

 これは、寒冷前線が関東地方の南海上まで南下し、これに伴って寒気が関東地方に流入してくることに加え、曇や雨の影響で日射がなく、日中も気温が上がらないからです。

 そして、関東の南海上にまで南下した寒冷前線はそこで停滞しますので、今後は、曇や雨の一週間となります(図4)。

図4 予想天気図(10月13日21時の予想)
図4 予想天気図(10月13日21時の予想)

 関東地方では、10月12日(木)までの暑さに比べ、寒い朝と感じての出勤かもしれませんが、帰宅時には、もっと寒くなります。暖かくしての出勤が必要です。

図の出典:気象庁ホームページ