多くの競技は味方同士で相談はできても、相手とはなかなか相談はしないものではないでしょうか。囲碁では対局者どうしが相談するシーンがよく生じます

それは勝負が決着するシーンでも現れるのです。

プロの対局には「立会人」はいますが、いわゆる「審判」「レフリー」はいません。

基本的には両者の合意で勝敗が確認されるのです。

象徴的なのが、「無勝負」のとき。