15日の韓国KBOリーグは4試合がナイトゲームで行われました。

トゥサンベアーズ-NCダイノス(チャムシル)はNCの先発イ・ジェハク投手が、6回までノーヒットピッチング。7回無死でパク・コンウ選手にレフト前に初ヒットを許すもその後はヒットを与えず、1安打無失点ピッチングでNCが5-0で勝利しました。

イ・ジェハク投手はスリークォーターからの低めに落ちるチェンジアップで凡打の山を築き、奪った三振は1、2、9回の4つでした。

イ・ジェハク投手は今季6勝目(6敗)。完封勝利は2013年7月のSKワイバーンズ戦で達成して以来8年ぶりです。NCは勝率を5割に戻して7位から6位タイに浮上しました。

◆「チョン・ジュンウがヒットを量産」

ロッテジャイアンツのチョン・ジュンウ選手が、LGツインズ戦で決勝打を含む4打数4安打の活躍。チョン・ジュンウ選手は9、10月の39試合で65安打を記録し、今季通算の177安打はリーグトップです。打率も3割4分7厘に上げ、2位のカン・ベクホ選手(KT)と1厘差の3位につけています。またこの日、チョン・ジュンウ選手は史上39人目の通算1500安打を達成しました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

NC戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇10月15日(金)の結果

・トゥサン 0 - 5 NC(チャムシル)

 勝:イ ジェハク

 敗:パク チョンギ

・KT 7 - 7 KIA(スウォン)

 勝:

 敗:

・サムスン 0 - 2 キウム(テグ)

 勝:チョン チャンホン

 敗:チェ チェフン

・ロッテ 4 - 2 LG(プサン)

 勝:イ インボク

 敗:ペ ジェジュン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。