10日の韓国KBOリーグは1試合が雨で中止。ダブルヘッダー1カードを含む3試合が行われました。

NCダイノス-トゥサンベアーズ(チャンウォン)は5-1でNCが勝利。NCは59勝59敗7分けとなって勝率を5割に戻し、キウムヒーローズ、SSGランダーズと同率5位で並びました。NCの先発ソン・ミョンギ投手が6回2安打1失点と好投し、8勝目(8敗)を挙げました。

NCは0-1で迎えた3回裏、1番チョン・ジンギ選手がライトへ6号2ランを放ち、この一打が決勝打になっています。チョン・ジンギ選手は5月にSSGランダーズから移籍。感染症の防疫規則違反により出場停止中の主力野手に代わって出場機会をつかみ、外野手として72試合に出場、32試合に先発出場しています。

◆「LG、今週8連戦に」

この日中止となったLGツインズ-KTウィズ(チャムシル)は、予備日のあす11日(月)14時に行われます。今週のLGは17日(日)にダブルヘッダーが組まれているため、7日で8試合を行うことになりました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

NC戦での出場はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が3試合の結果です。

◇10月10日(日)の結果

・LG 中 止 KT(チャムシル)

 勝:

 敗:

・ハンファ 1 - 3 KIA(テジョン)

 ダブルヘッダー第1試合

 勝:イ ジュンヨン

 敗:チャン ミンジェ

・ハンファ 0 - 5 KIA(テジョン)

 ダブルヘッダー第2試合

 勝:イム ギヨン

 敗:ユン デギョン

・NC 5 - 1 トゥサン(チャンウォン)

 勝:ソン ミョンギ

 敗:ユ ヒグァン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。