22日の韓国KBOリーグは全5試合が17時開始で行われました。

KIAタイガース-キウムヒーローズ(クァンジュ)は6-1でキウムが勝利。キウムの先発エリック・ヨキッシュ投手が6回6安打、ソロホームランの1点に抑える好投で、リーグ単独トップの12勝目(5敗)を挙げました。

キウム打線は8安打すべてを1~4番の打者が放ち、2番キム・ヘソン選手が3安打、3番ソン・ソンムン選手が2安打3打点。そして4番パク・トンウォン選手が17号3ランを含む2安打3打点でした。キウムは連敗を3で止めています。

◆「複数の主力を欠くNCが若手の力で3連勝」

先月、リーグ規約の感染症防疫違反、品位損失行為により主力4選手が72試合出場停止となったNCダイノス。しかし出場機会を得た若手選手が好守で存在感を発揮しチームは3連勝です。じわじわと順位を上げて3位と3ゲーム差の4位につけています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

ハンファイーグルス戦に9番ライトで先発出場。1打席目に4月29日以来となる三遊間をやぶるヒットを放つと、次打者の初球に今季2つ目の盗塁に成功。2打席目は9球粘って空振り三振、3打席目サードゴロ、4打席目はセンターフライでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇8月22日(日)の結果

・トゥサン 3 - 11 ハンファ(チャムシル)

 勝:キンガム

 敗:イ ヨンハ

・サムスン 4 - 4 SSG(テグ)

 勝:

 敗:

・KIA 1 - 6 キウム(クァンジュ)

 勝:ヨキッシュ

 敗:パク チンテ

・ロッテ 1 - 3 KT(プサン)

 勝:コ ヨンピョ

 敗:フランコ

・NC 4 - 3 LG(チャンウォン)

 勝:イ ジェハク

 敗:ケリー

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。