1日の東京オリンピック(五輪)の野球、予選B組2位の韓国がA組2位のドミニカ共和国に4-3でサヨナラ勝ち。ここまでの成績を2勝1敗とした。

ド 1 0 0 2 0 0 0 0 0  3

韓 1 0 0 0 0 0 0 0 3x  4

この日の韓国は打順を変え、4番のカン・ベクホが2番に座り、3、4、5番にイ・ジョンフ、ヤン・ウィジ、キム・ヒョンスが並んだ。

1回の攻撃は両チームとも1、2番打者がヒットで出塁し、ドミニカ共和国はワイルドピッチで、韓国は4番ヤン・ウィジの犠牲フライでそれぞれ1点を挙げた。

韓国の先発、19歳左腕のイ・ウィリは4回表に4番ホアン・フランシスコに2ランを喫するも、5回を投げてヒットを許したのは1、4回のみで4安打3失点。9つの三振を奪ってマウンドを降り、2番手以降の先輩投手陣に託した。

5回3失点、9つの三振を奪ったイ・ウィリ
5回3失点、9つの三振を奪ったイ・ウィリ写真:ロイター/アフロ

韓国打線は毎回ランナーを出すもドミニカ共和国の投手陣をとらえられず、前日のアメリカ戦同様に初回の1点のみで8回までスコアボードに0を並べた。

1-3で2点を追う韓国は9回裏、9番ファン・ジェギュンのところで今大会初打席のチェ・ジュファンが代打で登場。セカンドへの内野安打で出塁すると、代走のキム・ヘソンが盗塁を決め二塁に進んだ。続く1番パク・ヘミンのレフト前ヒットでキム・ヘソンが生還。韓国は2-3とした。

2番カン・ベクホのセカンドゴロで一塁走者が二塁に進み、1死二塁となって打席には3番イ・ジョンフ。イ・ジョンフはファールで粘った8球目、レフト線に二塁打を放ち3-3の同点とした。

二死三塁となってこの日3安打の5番キム・ヒョンスにまわると、キム・ヒョンスはライトオーバーのサヨナラヒット。9回裏にヒット4本を連ねた韓国が土壇場で逆転勝ちを収めた。

以下、試合後の会見でのコメント

◇キム・ギョンムン監督

先発のイ・ウィリ投手が新人らしくない投球を見せた。ホームランなどで3点を与えたが、期待以上の内容だったので逆転を呼び込んだのだと思う。9回に代打起用したチェ・ジュファン選手は8回に出すことも考えたがタイミングを逃し、9回の先頭打者での起用が結果的に成功した。(明日の試合は12時からだが)逆転勝ちしたので選手に疲れはないと思う。スケジュールが大変なのは6チーム同じ条件だ。初のデーゲームということで集中して戦いたい。

◇キム・ヒョンス外野手(サヨナラ打を含む4安打)

最後まであきらめず戦ったことで勝てたと思う。イ・ウィリ投手が崩れずに投げてくれたので勝利を呼び込めた。サヨナラ打になった打席は前の打席(8回)に直球をヒットにしたので、変化球でくると思っていた。初めて見る投手だったが、前の打者にチェンジアップを投げていたので狙い球を絞れた。初球でボールの軌道がわかったので2球目を打つことができた。

◇イ・ウィリ投手(先発投手)

自分の後を投げた先輩たちが抑えてくれて、バッターは9回に集中打を見せて点を取ってくれたので勝てた。(初回に連打後、投手コーチに何を言われたか)「上体が高く、腕だけで投げている。もっと下半身を使ってキャッチャーを見て投げろ」と言われた。

◇韓国先発オーダー

中 パク・ヘミン

指 カン・ベクホ

右 イ・ジョンフ

捕 ヤン・ウィジ

左 キム・ヒョンス

一 オ・ジェイル

遊 オ・ジファン

三 ホ・ギョンミン

二 ファン・ジェギュン

◇韓国バッテリー

投 イ・ウィリ、チョ・サンウ、コ・ウソク、チャ・ウチャン、パク・セウン、〇オ・スンファン

捕 ヤン・ウィジ

◇ドミニカ共和国先発オーダー

中 エミリオ・ボニファシオ

指 メルキー・カブレラ

右 フリオ・ロドリゲス

一 ホアン・フランシスコ

左 ホセ・バティスタ

三 エリック・メヒア

捕 チャルリエ・バレリオ

遊 ヘイソン・グスマン

二 ジェフリ・ペレス

投 ラウル・バルデス、デニー・レイエス、ダリオ・アルバレス、ホセ・ディアス、●ルイス・カスティージョ

韓国はこの日の勝利により2日の12時にイスラエルと対戦。ドミニカ共和国は韓国-イスラエル戦の敗者と3日の19時に対戦する。

(関連記事:左のエースが築いた韓国の栄光の歴史 19歳の高卒ドラ1がその後を継ぐか【東京五輪・野球】

東京五輪日程・概要と韓国代表一覧(ストライク・ゾーン)

【この記事は、Yahoo!ニュース個人編集部とオーサーが内容に関して共同で企画し、オーサーが執筆したものです】