東京オリンピック(五輪)の野球韓国代表は7月31日、予選B組の最終戦でアメリカ合衆国に敗れて1勝1敗とし同組2位となった。次のラウンド「ノックアウトステージ」の初戦ではA組2位のドミニカ共和国と対戦する。そのドミニカ共和国戦の先発マウンドに上がるのが高卒ドラ1ルーキーのイ・ウィリ(KIA)だ。

2002年6月16日生まれ19歳のイ・ウィリは今年、光州(クァンジュ)第一高校からドラフト1次指名で地元球団のKIAタイガースに入団。開幕直後から先発投手として起用され14試合4勝3敗、防御率3.89という成績だ。

コンパクトな腕の振りから繰り出す140キロ台後半の直球とチェンジアップ、スライダーで、制球が安定している時には三振の山を築く。イ・ウィリのようなエースの風格が漂う左腕投手の出現を韓国球界は待っていた。

韓国は歴代の国際大会で左のエース投手がチームをけん引してきた。銅メダルを獲得した2000年のシドニー五輪では後にオリックスでプレーするク・デソン、08年の北京五輪では若きキム・グァンヒョン、リュ・ヒョンジンが躍動し、金メダルを手にした。

韓国代表チームでのク・デソン
韓国代表チームでのク・デソン写真:築田純/アフロスポーツ

北京五輪の日本戦に2度先発登板したキム・グァンヒョン
北京五輪の日本戦に2度先発登板したキム・グァンヒョン写真:ロイター/アフロ

その翌年の09年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、ポン・ジュングンが日本戦で好投を重ねて準優勝を収めている。

現日本代表監督の稲葉篤紀を打ち取りガッツポーズをとるポン・ジュングン
現日本代表監督の稲葉篤紀を打ち取りガッツポーズをとるポン・ジュングン写真:ロイター/アフロ

しかしこの10年余り韓国は左投手だけではなく、リーグを代表する先発投手が現れていない。KBOリーグの多くのチームで先発1、2番手を外国人投手が担っている。三十代となったリュ・ヒョンジン、キム・グァンヒョン、そしてキム・グァンヒョンと同期のヤン・ヒョンジョンの左のエースたちは活動の場をアメリカに移した。

北京大会に続き東京五輪でも韓国代表を率いるキム・ギョンムン監督は、来日後にこう話した。

「イ・ウィリはまだ若いがとても良い。(同い年で追加招集)キム・ジンウク(ロッテ)も同じです。いまリーグにエース的存在の投手はいないが、今後彼らがリーグ全体を引っ張るような存在になればと思います」

キム・ギョンムン監督は代表チームの勝利を求めるのはもちろん、韓国球界の将来を考えて若き左腕投手を代表に選び、大舞台を任せる決断をした。この日の登板が未来へとつながるか。

韓国-ドミニカ共和国の勝者は翌2日(月)12時にイスラエルと対戦。敗者は3日(火)19時に行われる負けたら敗退が決まる「敗者復活戦」へとまわる。

この試合は民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイト「gorin.jp」で生中継が予定されている(実況なし、現場音声のみ)。

⇒ 野球 ノックアウトステージ第1ラウンド ドミニカ共和国vs韓国(gorin.jp)

(関連記事:韓国がアメリカに敗れて1勝1敗に 予選を2位で終える(監督・選手のコメントも)【東京五輪・野球】

(関連記事:「アメリカには横手投げ」韓国が伝統の投手起用で日本との1位対決を目指す【東京五輪・野球】

東京五輪日程・概要と韓国代表一覧(ストライク・ゾーン)