4安打アルモンテ(元中日)10試合連続Hで打率3割に/林昌勇が詐欺容疑で書類送検<韓国KBOリーグ>

4安打のソイロ・アルモンテ(写真:kt wiz/初報から差し替え)

27日の韓国KBOリーグは、全5試合がナイトゲームで行われました。

SSGランダーズ-KTウィズ(インチョン)は14-5でKTが勝利。KTは先発のオドリサメル・デスパイネ投手が7回2失点で2勝目を挙げました。

打線ではKTの4番ソイロ・アルモンテ選手(元中日)が5打数4安打。いずれもシングルヒットで、10試合連続安打となったアルモンテ選手は、打率を3割(4厘)に乗せました。

◆「イム・チャンヨン、詐欺容疑で書類送検」

韓国を代表するクローザーとして活躍し、日本では2008年から5年間ヤクルトでプレーしたイム・チャンヨン元投手が、詐欺容疑で書類送検されたことが明らかになりました(ソウル・カンナム警察署)。

イム・チャンヨン元投手は昨年7月、30代の知人女性から2,500万ウォン(約242万円)を借りるも、1,000万ウォン(約97万円)しか返済していないとして告訴されました。しかし警察の出頭要請に応じなかったそうです。

(関連記事:林昌勇(元ヤクルト)に複数の金銭トラブル 告訴されるも出頭せず

◆「ブキャナン単独トップの4勝目」

サムスンライオンズのデービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)がNCダイノス戦に先発し、6回97球を投げて被安打3、無失点。試合は9-0でサムスンが大勝し、ブキャナン投手はリーグ単独トップとなる4勝目(1敗)となりました。この日6つの三振を奪ったブキャナン投手は、奪三振でも34個でトップに立っています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウムヒーローズ戦の8回裏1死でキム・インテ選手に代わってライトの守備に入りました。9回表の打席では四球を選んでいます。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月27日(火)の結果

・LG 4 - 0 ロッテ(チャムシル)

 勝:チョン チャンホン

 敗:ノ ギョンウン

・キウム 5 - 4 トゥサン(コチョク)

 勝:ヨキッシュ

 敗:ユ ヒグァン

・SSG 5 - 14 KT(インチョン)

 勝:デスパイネ

 敗:チョン スミン

・サムスン 9 - 0 NC(テグ)

 勝:ブキャナン

 敗:キム ヨンギュ

・KIA 4 - 3 ハンファ(クァンジュ)

 勝:パク チュンピョ

 敗:キム ボムス

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。