林昌勇(元ヤクルト)に複数の金銭トラブル 告訴されるも出頭せず

19年7月ヤクルトのOB戦に参加したイム・チャンヨン(写真:ストライク・ゾーン)

12月24日、ソウル・カンナム(江南)警察署は元プロ野球選手のイム・チャンヨン(林昌勇、44)氏が、先月5日に詐欺容疑で訴えられた件を捜査していると明らかにした。

イム・チャンヨン氏は昨年7月、30代の知人女性から2,500万ウォン(約233万円)を借りるも、1,000万ウォン(約93万円)しか返済していないとして告訴された。

警察はイム・チャンヨン氏から事情を聞くため今月初めに出頭を要請するも、イム・チャンヨン氏から連絡はなく出頭に応じていないとのこと。イム・チャンヨン氏には別の金銭トラブルも伝えられている。

韓国国税庁が今月6日に発表の2億ウォン以上の税金を1年以上滞納した「高額常習滞納者」6,965人の中に、イム・チャンヨン氏が含まれていることがわかった。

それによるとイム・チャンヨン氏は2017年の総合所得税2億6,500万ウォン(約2,460万円)を滞納したという。

イム・チャンヨン氏は2018年オフに所属していたKIAから戦力外通告を受けた。その後所属先を探すも当時42歳という年齢もあって移籍には至らず、19年3月に現役引退を決断している。

同年7月にはかつて所属したヤクルトが球団設立50周年を記念して行ったOB戦「Swallows DREAM GAME」に参加。約9か月ぶりに公の場に現れ、現役さながらの投球で約2万7,000人の観客を沸かせた。

(関連記事:元ヤクルト林昌勇 神宮で惜別の22球 韓国で果たせなかった引退の区切り

その時イム・チャンヨン氏に近況について尋ねると「サングラス販売の事業をしている」と話していた。野球関連ではテレビの中継や野球番組にゲスト解説、出演するなどしていたが、現在指導者や評論家といった活動はしていない。

イム・チャンヨン氏はヤクルトでの5年間で128セーブを記録。退団後はメジャーへ渡り、韓国に戻った。日米韓24年間の通算成績は1004試合141勝99敗386セーブ。