脳動脈瘤手術で不在の代表センターの代役が、走者一掃の逆転決勝打<韓国KBOリーグ>

満塁で走者一掃の決勝二塁打を放ったキム・ジェユ(写真:ロッテジャイアンツ)

16日の韓国KBOリーグは全5試合がナイトゲームで行われました。

プサンサジク球場のロッテジャイアンツ-サムスンライオンズは、ロッテが1-2で1点を追う7回裏、2連打と四球で無死満塁のチャンスを作ると、9番のキム・ジェユ選手が一塁線を破るヒット。3人の走者がすべてホームに還って4-2と逆転に成功しました。打ったキム・ジェユ選手は、ライトがクッションボールの処理を誤る間に三塁まで進みました。

キム・ジェユ選手は1死後、2番ソン・アソプ選手の打席の初球、暴投でホームに生還。この回、ロッテは4点を挙げています。

試合はロッテが8回にも4点を追加し、9-3で勝利。敗れたサムスンは7回表、無死一塁でのセンターフライで、走者の判断ミスによりダブルプレー。追加点のチャンスを逸したことで試合の流れがロッテに傾き、その裏の逆転劇となりました。

決勝打のキム・ジェユ選手はプロ7年目の28歳、昨季1軍定着を果たした、俊足左打ちの外野手。主にセンターを守っています。

本来、ロッテのセンターはミン・ビョンホン選手のポジションですが、ミン・ビョンホン選手は2019年に脳動脈瘤が見つかり、経過観察後、今年1月に手術。現在復帰を目指し調整中です。その穴をキム・ジェユ選手らの外野手が埋めています。

◆「LG零封で単独首位キープ」

1位のLGツインズはホームでのトゥサンベアーズ戦に1-0で勝利。3連勝を飾り、8勝3敗で単独首位を維持しています。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

コヤンヒーローズ(キウム2軍)との2軍戦に1番センターで先発出場し、2打数1安打でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇4月16日(金)の結果

・LG 1 - 0 トゥサン(チャムシル)

 勝:ケリー

 敗:ロケット

・SSG 6 - 11 KIA(インチョン)

 勝:チャン ミンギ

 敗:チョ ヨンウ

・KT 8 - 4 キウム(スウォン)

 勝:キム ミンス

 敗:キム テフン

・ロッテ 9 - 3 サムスン(プサン)

 勝:キム デウ

 敗:イ スンヒョン

・NC 9 - 1 ハンファ(チャンウォン)

 勝:ルチンスキ―

 敗:チャン シファン

⇒ KBOリーグ順位表(ストライク・ゾーン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。