開幕戦で昨季の防御率1位助っ人が貫録の好投 ブキャナンは初黒星<韓国KBOリーグ>

開幕戦で好投のエリック・ヨキッシュ(写真:キウムヒーローズ)

4月3日の韓国KBOリーグの開幕戦は4試合が雨で中止。コチョクスカイドームの1試合のみ行われました。

キウムヒーローズとサムスンライオンズの対戦はキウムの先発、昨季の防御率1位、エリック・ヨキッシュ投手が7回5安打1失点と好投。キウムが6-1で開幕戦を飾りました。

ヨキッシュ投手は5回まで1安打無失点ピッチング。6回は先頭打者にヒットを許すも、次打者の走塁判断ミスが併殺となって助けられ、7回の1失点を除き、危なげない投球を見せました。

低めへの変化球を打たせて、9つの内野ゴロでサムスン打線を抑えたヨキッシュ投手は、KBOリーグ3年目の今季も活躍を期待させるスタートとなりました。

◆「ブキャナンは6回途中5失点で1敗目」

サムスンの先発デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)は5回2/3、96球を投げて8つの三振を奪うも、7安打5失点(4自責点)で敗戦投手となっています。

ブキャナン投手は5回に味方の守備のミスで1点を喫して0-2とされ、6回は2死二、三塁で7番キム・ヘソン選手を敬遠し満塁策を取るも、続く8番パク・トンウォン投手も歩かせて押し出しに。9番ソン・ウヒョン選手に2点タイムリーを喫して、この回3点を失ってマウンドを降りました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

KIAタイガースとの開幕戦は雨で中止でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が1試合の結果です。

◇4月3日(土)の結果

・トゥサン 中 止 KIA(チャムシル)

・キウム 6 - 1 サムスン(コチョク)

・SSG 中 止 ロッテ(インチョン)

・KT 中 止 ハンファ(スウォン)

・NC 中 止 LG(チャンウォン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。