18歳ドラ1左腕 4者連続含む5回7三振。無失点デビュー<韓国KBOリーグ>

イ・ウィリ(写真:KIAタイガース)

25日の韓国KBOリーグのオープン戦は全5試合がデーゲームで行われました。

クァンジュKIAチャンピオンズフィールドではKIAタイガースとロッテジャイアンツが対戦。KIAはドラフト1次指名左腕のイ・ウィリ投手が先発登板し、5回を投げて被安打2無失点。7つの三振を奪う好投を見せました。

イ・ウィリ投手は初回、2つの四球と4番イ・デホ選手のライトへの二塁打で2死満塁のピンチを招くも無失点で切り抜けます。

2回にも二塁打を許すも得点は与えず、3、4、5回と三者凡退に抑えて、5回を終えてマウンドを降りました。

72球を投げてストレートの最速は148キロ。低めのチェンジアップで空振りを誘い、4回2死からは4者連続で三振を奪いました。

KIAはサウスポーエースのヤン・ヒョンジョン投手がチームを離れ、メジャー進出を目指してレンジャーズとマイナー契約。先発投手の空いた1枠をイ・ウィリ投手が埋めることが期待されています。

(関連記事:韓国のめがねの左腕エース、メジャーキャンプに執念の招待参加 有原の同僚になれるか

◆「SSGのユニフォーム30日に発表」

新球団のSSGランダーズは30日18時から出陣式を行い、その場でユニフォームとマスコット、球団歌を発表するとのこと。それに伴い、同日13時から予定していたチャムシル球場でのLGとのオープン戦は12時開始に変更となります。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

7回表に4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入り、8回表にライトに移りました。その裏の打席に入り、結果はピッチャーゴロ。また9回裏の2打席目はサードゴロでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇3月25日(木)のオープン戦の結果

・トゥサン 3 - 6 LG(チャムシル)

・SSG 3 - 6 サムスン(インチョン)

・KT 12 - 5 ハンファ(スウォン)

・KIA 1 - 3 ロッテ(クァンジュ)

・NC 4 - 9 キウム(チャンウォン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。