昨季15勝のブキャナン(元ヤクルト)、オープン戦初登板で4回無失点<韓国KBOリーグ>

韓国2年目、オープン戦初登板で好投のブキャナン(写真:サムスンライオンズ)

21日の韓国KBOリーグのオープン戦は全5試合がデーゲームで行われました。

テグサムスンライオンズパークではサムスンライオンズとKIAタイガースが対戦。サムスンの先発マウンドには昨季のチームの勝ち頭、デービッド・ブキャナン投手(元ヤクルト)が上がりました。

ブキャナン投手は4回74球を投げて被安打4。3回に満塁のピンチを迎えるも無失点で切り抜けました。

チャンウォンNCパークでは今年1月にSKワイバーンズを買収した新球団、SSGランダーズが昨年のチャンピオン、NCダイノスと対戦。

(関連記事:新球団は「SSGランダーズ」 SKワイバーンズは21年の歴史に幕を下ろす

SSGは注目の元メジャーリーガー、チュ・シンス選手が2番指名打者で先発出場しました。チュ・シンス選手は3打数無安打2三振で、試合途中に退いています。

◆「オープン戦は30日まで」

20日の全5試合が雨天中止となり、21日が初日となったオープン戦は、30日まで行われます。感染症予防の観点から、無観客での実施です。公式戦は4月3日に開幕します。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

5回表、4番キム・ジェファン選手に代わってレフトの守備に入り、その裏の打席でセンター前ヒット。8回の2打席目では空振り三振でした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が全5試合の結果です。

◇3月21日(日)のオープン戦の結果

・トゥサン 2 - 4 KT(チャムシル)

・ハンファ 3 - 2 LG(テジョン)

・サムスン 10 - 7 KIA(テグ)

・ロッテ 6 - 1 キウム(プサン)

・NC 11 - 3 SSG(チャンウォン)

⇒ 2021年 韓国プロ野球オープン戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。