【プレーオフ】3位トゥサンが3勝1敗で2位KTを制し、韓国シリーズに進出<韓国KBOリーグ>

決勝2ランを放ったチェ・ジュファン(写真:トゥサンベアーズ/初報から差し替え)

13日の韓国KBOリーグはKTウィズ(公式戦2位)とトゥサンベアーズ(準プレーオフ勝者)のプレーオフ第4戦が行われ、トゥサンが2-0で勝利。対戦成績を3勝1敗として韓国シリーズに駒を進めました。

後がないKTと、この日シリーズ行きを決めたいトゥサン。両チームともに序盤から細かな継投を見せて失点を防ぐ中、4回裏、今年のポストシーズンで初スタメンのトゥサンの5番、チェ・ジュファン選手の2ランが決勝打となりました。

トゥサンは17日から公式戦1位のNCダイノスと韓国シリーズ(7戦4先勝制)を戦います。

トゥサンは6年続けて韓国シリーズに進出。NCとトゥサンの顔合わせは、2016年以来4年ぶり2度目です。

⇒ KBOリーグポストシーズン日程表(ストライク・ゾーン)

◆「LG新監督に生え抜きOBの元内野手」

LGは準プレーオフ敗退後に辞任したリュ・ジュンイル監督に代わる新監督に、リュ・ジヒョン(今年7月までユ・ジヒョン)ヘッドコーチが就任すると発表しました。リュ・ジヒョン新監督はチーム生え抜きOBの元内野手です

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

プレーオフ第4戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

◇11月13日(金)の結果

・トゥサン 2- 0 KT(コチョク)

 プレーオフ 第4戦

 勝:キム ミンギュ

 敗:チョ ヒョンウ

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。