7連敗中の最下位チームがM1点灯した首位の1位確定を阻止<韓国KBOリーグ>

連敗を7で止めNCの1位確定を阻止したハンファナイン(写真:ハンファイーグルス)

23日の韓国KBOリーグは4試合がナイトゲームで行われました。

首位NCダイノスが公式戦制覇にマジック1で迎えた、テジョンでのハンファイーグルス戦は、NCが守備のミスをきっかけに序盤に失点し、6-11で敗戦。

NCは4番ヤン・ウィジ選手が29、30号と2打席連続弾を放つも、韓国シリーズ直行となる1位確定はあす以降に持ち越しとなりました。NCはあす24日、地元チャンウォンで2位LGツインズと対戦します。

最下位10位が確定しているハンファは連敗を7で止めています。

またクァンジュでは2位LGがKIAタイガースに勝って、1位とのゲーム差を4に縮めています。

⇒ リーグ順位表(ストライク・ゾーン)

◆「パク・ピョンホ、前打者敬遠後の一発」

キウムヒーローズの4番パク・ピョンホ選手がトゥサンベアーズ戦の7回表に21号3ラン。この一打は3番を打つ、イ・ジョンフ選手が申告敬遠で歩いた後の一発でした。

パク・ピョンホ選手が低めのスライダーに軽くバットを合わせた打球は、一直線にライトスタンドに飛び込んでいきました。

<きょうのアン・グォンス(安田権守、トゥサン)>

キウム戦での出場機会はありませんでした。

⇒ エリートだった「早稲田の腕立て王子」が遠回りして韓国でつかんだプロ野球選手の座

以下が4試合の結果です。

◇10月23日(金)の結果

・トゥサン 2- 6 キウム(チャムシル)

 勝:イ スンホ

 敗:チェ ウォンジュン

・SK 0- 3 ロッテ(インチョン)

 勝:ストレイリー

 敗:イ ゴンウク

・ハンファ 11- 6 NC(テジョン)

 勝:サーポルト

 敗:ルチンスキー

・KIA 4- 8 LG(クァンジュ)

 勝:ケリー

 敗:キム ギフン

 

⇒ 2020年 韓国プロ野球公式戦日程表(ストライク・ゾーン)

※本項目は韓国KBOリーグ各球団から写真使用の許可を得ています。